【市政】電気柵、熱海市内に最低でも24カ所 27日から緊急巡回点検

西伊豆町で発生した動物よけ電気柵による感電事故で7人が死傷した事故を受け、熱海市は27日から電気柵の巡回点検を実施する。市農林水産室によると、イノシシなどの獣害対策から市の補助制度を利用して電気柵を設置した人は過去7年間で24件。これらの人には、市は22日に漏電遮断装置の設置など適切な感電防止対策の徹底を求める文書を発送した。
一方、補助金を使わずに電気柵を設置した人の全体数は掌握できておらず、市のホームページ等で安全対策を周知するという。

IMG_1702ss IMG_1701ss (1)

姫の沢公園の電気柵

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
  2. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  3. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  4. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
ページ上部へ戻る