青紫のじゃじゃ馬娘、熱海市でまた咲き出す 季節外れのジャカランダ

熱海市の観光名所で知られる渚親水公園前のジャカランダ遊歩道で初夏の花ジャカランダがまた咲き出し、観光客や市民の目を楽しませている。例年、お約束のように5月末から開花し、6月末に散ってしまう。今夏は梅雨明けが遅かったのと8月の猛暑で、涼しさを取り戻した8月下旬になって1房がまた咲き出した。遅咲きなのか、2度咲きなのかは不明だが、ジャカランダ゙ではたまに起きる現象という。
世界三大花木の1つに数えられるこの花は、気まぐれ花としても知られ、他都市では今年はほとんど花を咲かせなかったとか、数年ぶりに花を咲かせたといった話題も。可憐で美しい分、じゃじゃ馬娘でもある。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の新技術開発財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始ま…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る