【花情報】韓国庭園でアンズが見頃、薄桃色の花が春空に映える

熱海梅園の韓国庭園で23日、アンズの花が見頃を迎えた。薄桃色の花がおぼろげな春の空に映え、芳香とともに観光客を引きつけている。桜とは違う、穏やかな雰囲気を醸し出す。6月下旬にはぷりんとしたオレンジの果実を付ける。種子からは杏仁豆腐にも使われる「杏仁」がとれる。

アップ門

園内では、「ユキヤナギ」が白い雪のように白い5弁の小花をいっぱいに咲かせている。どちらの花も毎年、遅咲き梅がほころび始めると後を追うように咲き出す。

白柳1 2 3

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  2. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  3. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  4. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
ページ上部へ戻る