【編集室】熱海駅の駅舎駅ビル、ベールを脱ぐ 11月から営業開始

JR東日本は12日未明、建設中のJR熱海駅の駅舎・駅ビルのうち、もっとも東京寄りの駅舎部分の工事用囲い幕を外し、電撃的に披露した。外観は海のさざ波をイメージして青と白を散りばめ、右上方にJR熱海駅の大きなロゴ。足湯「2代目家康の湯」のちょうど後方に位置し、足湯からあふれた湯が作り出す湯鏡に4階建て駅舎ビルを映し出される(13日は足湯休止)。
この駅舎棟は今月中に完成。当初の予定通り、11月からみどりの窓口をはじめ、駅業務を開始する。
新年からは残りの駅ビル棟の工事が始まり、平成28年(2017年)秋までに完成させ、供用を開始する。駅ビルの工事開始に伴い、熱海コンシェルジュ(観光案内所)などは第一ビルに移設する。
JR熱海駅近くの超高層マンション(29階・326戸)も2017年3月の完成を予定しており、ほぼ同時期に熱海駅周辺ががらりと様変わりすることになる。

TYUU

遠景新旧

現熱海駅(左)と新駅ビルのイラスト

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る