【観光】魚祭りでマグロ解体ショー 湊さんの包丁さばきに歓声

熱海鮮魚組合(宇田勝組合長)は29日、熱海市清水町の熱海魚市場で第7回「魚祭り」を開催し、マグロの解体ショーを行った。
包丁を握ったのは、地元の魚店「湊鮮魚店」の湊将義さん(32)。宮城沖で獲れた体長1・8メートル、重量70キロの本マグロの頭を手際よく切り落とし、瞬く間にきれいな切り身へと解体した。目の前で繰り広げられるショーに来場者から歓声が上がった。
解体したマグロはその場で赤身、中トロ、トロなど200人分に切り分けられ、市内のスーパーの約半値で販売した。
浜焼きブースでは北陸の魚介類を使ったプレートを用意したほか、朝どれの地魚も人気を博した。

IMG_1295ssIMG_1321ss IMG_1330ss IMG_1339ss IMG_0340 IMG_1365ssIMG_0355

IMG_0354

IMG_0359

IMG_0330

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-22

    熱海市の最高齢者は女性105歳、男性103歳 今年度100歳は18人

    熱海市は、9月21日の敬老の日に合わせて市内の100歳以上の高齢者の状況(9月21日現在)を発表し…
  2. 2020-9-22

    秋分の日、熱海梅園でヒガンバナ見頃 秋の一日をスマホで切り取り

    秋分の日の9月22日、熱海梅園でヒガンバナ(彼岸花、別名:曼珠沙華=マンジュシャゲ)が見頃…
  3. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  4. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
ページ上部へ戻る