【市政】議会の注文満載で「居場所づくりバス」発進 2月定例会が閉幕

熱海市議会は16日、2月定例会最終本会議を開き、平成28年度一般会計予算案、平成27年度一般会計補整案など36案件を原案通り可決、承認して閉会した。
一般会計補正案の高齢者外出支援事業「まちの居場所づくりとバスの運行」については14日の総務福祉委員会で「運行時間の検証、増便の検討、他のバス会社と協議」など疑問の声が多数あり、付託委員会の委員長報告に「利用者ニーズをしっかりとらえ、3カ月ごとに議会に報告し協議を行う。年度途中においても事業の改善が図られ、市民が本当に利用しやすい制度となるよう取り組む」の文言を追加して採決し、条件付きながら賛成多数で可決。斉藤栄市長が新年度の「住まうまち熱海」の目玉に掲げる”高齢者居場所づくりバス”は議会からの注文も満載しての発進となった。
◇高齢者外出支援事業 交通不便地域の中野、和田木、桃山3地域の65歳以上の高齢者を対象に、4月より各3地域から週1回、熱海市役所を往復するマイクロバスを出す。往路は午前9時発、復路は市役所午後3時30分発。利用料金は年間50回で5000円。市の支出は1700万円。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

総務福祉委員会委員長報告をした小森高正氏

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  2. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  3. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  4. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
ページ上部へ戻る