【熱海梅園】2週間早く「見ごろ突入」、来園者も昨年の2倍ペース

熱海梅園の梅が「見ごろ」に入り、朝からたくさんの観梅客が訪れた。園内の開花は順調に進み、26日現在、早咲き種の開花度は「5・87分咲き」、全体では「4・07分咲き」。早咲き、中手に続いて遅咲きも次々に開花し、3分咲きの梅も出てきた。中央広場の上段で設置された飲食エリアも例年にないにぎわいを見せている。
市都市整備課によれば、開幕から2週間の熱海梅園の入園者数(1月9日~22日)は3万2234人で、昨年(1月10日~23日)の1万6975人より2倍近く多いペース。2週間ほど見ごろ突入が早まったのが追い風になっているが、観光関係者は一様に「梅まつりが終了する3月6日(有料期間)まで見ごろが続くか」気をもんでいる。2011年の有料開始後、これまで有料期間の途中終了はないが、そんな心配が現実味を帯びるほど、今シーズンは開花スピードが異様に速い。

1 テーブル 3 2 4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-28

    スノーフレークが開花 春を彩る小雪のような可憐な花

    熱海市の伊豆山の国道135号線小学校バス停で春早にスズランのような白い花を咲かせる「鈴蘭水…
  2. 2020-2-27

    姫の沢公園のスイセン、1万株壊滅 イノシシの“ラッセル掘り” 被害

    熱海市の姫の沢公園内のスイセン園に約1万株植えられているラッパスイセンがイノシシに掘り起こ…
  3. 2020-2-27

    “新型コロナ”配慮、梅まつり1日で終了 熱海市が3月中のイベント中止を発表

    新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、熱海市の齋藤栄市長は2月27日、3月末までに…
  4. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
ページ上部へ戻る