【熱海梅園】2週間早く「見ごろ突入」、来園者も昨年の2倍ペース

熱海梅園の梅が「見ごろ」に入り、朝からたくさんの観梅客が訪れた。園内の開花は順調に進み、26日現在、早咲き種の開花度は「5・87分咲き」、全体では「4・07分咲き」。早咲き、中手に続いて遅咲きも次々に開花し、3分咲きの梅も出てきた。中央広場の上段で設置された飲食エリアも例年にないにぎわいを見せている。
市都市整備課によれば、開幕から2週間の熱海梅園の入園者数(1月9日~22日)は3万2234人で、昨年(1月10日~23日)の1万6975人より2倍近く多いペース。2週間ほど見ごろ突入が早まったのが追い風になっているが、観光関係者は一様に「梅まつりが終了する3月6日(有料期間)まで見ごろが続くか」気をもんでいる。2011年の有料開始後、これまで有料期間の途中終了はないが、そんな心配が現実味を帯びるほど、今シーズンは開花スピードが異様に速い。

1 テーブル 3 2 4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-15

    「電子図書館」スタート 小説や郷土資料、無償貸し出し/熱海市立図書館

    熱海市立図書館は12月からインターネットを通じた電子図書の無料貸し出しサービスを始めた。小説…
  2. 2018-12-14

    三大流星群の一つ「ふたご座流星群」、熱海上空を通過! 15日朝まで飛行中

    三大流星群の一つで、冬の夜空を華やかに彩る「ふたご座流星群」が12月14日夜にピークを迎え、熱海市街…
  3. 2018-12-14

    1月の市長、議長らのハワイ視察 議会の反発で断念/熱海市議会

    [caption id="attachment_98337" align="alignnone" w…
  4. 2018-12-13

    “山田治雄”健康松花堂弁当、公開講座が満員 「釜つる」料理長 内山栄二さん

    静岡県の「健康長寿・食と健康」公開講座がこのほど、熱海市役所いきいきプラザで開かれ、ふじのく…
ページ上部へ戻る