【熱海梅園】2週間早く「見ごろ突入」、来園者も昨年の2倍ペース

熱海梅園の梅が「見ごろ」に入り、朝からたくさんの観梅客が訪れた。園内の開花は順調に進み、26日現在、早咲き種の開花度は「5・87分咲き」、全体では「4・07分咲き」。早咲き、中手に続いて遅咲きも次々に開花し、3分咲きの梅も出てきた。中央広場の上段で設置された飲食エリアも例年にないにぎわいを見せている。
市都市整備課によれば、開幕から2週間の熱海梅園の入園者数(1月9日~22日)は3万2234人で、昨年(1月10日~23日)の1万6975人より2倍近く多いペース。2週間ほど見ごろ突入が早まったのが追い風になっているが、観光関係者は一様に「梅まつりが終了する3月6日(有料期間)まで見ごろが続くか」気をもんでいる。2011年の有料開始後、これまで有料期間の途中終了はないが、そんな心配が現実味を帯びるほど、今シーズンは開花スピードが異様に速い。

1 テーブル 3 2 4

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    森村誠一さん提唱の「熱海写真俳句撮詠物語」展 起雲閣で開催中

    写真俳句提唱者の森村誠一さんが名誉顧問を務める写真俳句団体「熱海写真俳句撮詠物語」(矢崎英夫代表)…
  2. 2020-10-24

    世界ポリオでー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  3. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  4. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
ページ上部へ戻る