【催し】23日に来宮神社で新穀感謝祭・新嘗祭 稲穂を手に「豊栄の舞」奉納

来宮神社は23日午後2時から、新穀感謝祭・新嘗祭(にいなめさい)を斎行する。雨宮盛克宮司が祝詞を奏上し、みこが稲穂を手に国家安泰を祈念して「豊栄の舞」(とよさかのまい)を奉納する。勤労感謝の日の前身となる同祭は、毎年11月23日に天皇が新穀を神に供え、自らも食して収穫を感謝する儀式で、来宮神社でも執り行われている。神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕者の引き継ぎ式が行われる。
また午後1時からは熱海芸妓(げいぎ)が芸能の神様とあがめる来宮弁財天の例祭が行われる。

ごほう連交替式 来宮弁財天神事

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-17

    ブラタモリ・熱海編の古屋旅館のお宝、温シェルジェ&温泉観光士養成講座

    熱海市と日本温泉地域学会が主催する「温シェルジェ&温泉観光士養成講座」が2月14日〜16日の3日間…
  2. 2020-2-16

    露地栽培の熱海産カンキツ類、土産物に人気 「うみえ〜る長浜」直配所

    熱海市長浜海浜公園の休憩施設「うみえ〜る長浜」では、毎週金曜日~月曜日まで地域の農家(約70人)が…
  3. 2020-2-16

    熱海梅園の「熱海菓子商工業組合感謝デー」、雨天で開催中止

    熱海市観光協会は2月16日、同日に熱海梅園で予定していた「熱海菓子商工業組合感謝デー」、甘酒無料サ…
  4. 2020-2-16

    【お悔やみ】西島光雄さん(熱海市下多賀)2月15日死去

    西島光雄さん(にしじま・みつお)2月15日死去、91歳。熱海市下多賀。通夜17日午後6時30分。葬…
ページ上部へ戻る