【文化】津軽三味線「小学生日本一」景山君など50個人16団体を表彰

熱海市青少年健全育成市民会議(原英之会長)の第15回「アタミ・ジュニア・グランプリ」表彰式が17日、MOA美術館能楽堂であった。文化、芸術、学問、奉仕、ボランティア、スポーツなどで活躍した熱海市の児童・生徒を表彰する褒章事業。式では斉藤栄市長が表彰状を、中島幹雄熱海ライオンズクラブ会長が記念品を贈り、さらなる活躍を願った。
平成27年度の今回の受賞者は、文化・芸術・学問が小学生4人、中学生16人。奉仕・ボランティアは高校生2団体。スポーツ部門は小学生6人、13団体、中学生19人、高校生5人、1団体の計50人、16団体。及川博行熱海署署長、森崇朗西部地区青少年健全育成会会長、長沢寛治同中部地区副会長、磯聖幸同東部地区会長、山田浩熱海市PTA協議会会長、金森和道市議会副議長、米山秀夫市議などが出席、子供たちを温かく激励した。
◆原会長の話 日々の努力の積み重ねでこれまで623人、118団体が受賞した。このジュニア・グランプリを通じて非行や犯罪に対しての予防や抑止力の育成につなげたい。

【主な受賞者】
・影山遥星(第二小5年=和田町)津軽三味線コンクール全国大会少年少女 小学生の部優勝
・関正義(第二小2年=伊豆山)「社会を明るくする運動作文コンテスト」静岡県校長会会長賞
・原瑠流夏(第二小6年=昭和町)初島・熱海間団体競泳大会完泳
・鈴木芽吹(泉中2年=泉)全国大会陸上1500m出場
・杉本蓮樹(多賀中3年=上多賀)県中学校総合体育大会男子200m背泳ぎ1位
・千葉一樹(熱海中3年=伊豆山)英語検定2級
・岩本夏幸(熱海中3年=伊豆山)英語検定2級
・熱海高校ヨット部=国体セーリング競技出場
・熱海高校エイサー部=福祉施設の慰問等
・熱海高校ボランティア部=福祉施設の慰問等

ひな段21 22 23 11 12 13img243pimg244pimg242pimg241p

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る