【編集室】70歳以上の市の人口、前年比302人増の1万2411人

熱海市の敬老大会が30日、1日の両日、熱海後楽園ホテルで開催された。初日は南熱海、伊豆山、泉地区の70歳以上のお年寄り415人、最終日は熱海、初島地区の同じく479人が参加した。式典では斉藤栄市長、杉山利勝市議会議長、芥川暉実行委員長があいさつ。その後、「健康」と「生きがいづくり」をテーマに民謡、日本舞踊、保育園児の歌や遊戯などが披露された。

熱海市には70歳以上のお年寄りが、8月末現在(以下同)1万2411人おり、総人口(3万8157人)に占める比率は32・5%。市民の3人に1人が70歳以上ということになる。地区別にみると、熱海(32・7%)、伊豆山(39・6%)、泉(38・4%)、初島(17・5%)、上多賀(29・3%)、下多賀(26・1%)、網代(39・5%)。熱海は中間として、伊豆山・泉、網代の高齢化が高く、多賀地区が平均を下回っていることが分かった。
高齢化率(65歳以上人口)でみると、もっと分かりやすい。内閣府の平成27年度版高齢社会白書によれば、2014年10月時点での日本全体の高齢化率は26・0%。一般的には21%を超えた状態が超高齢社会。これに対し、熱海市は43・9%(今年8月末、以下同)と世界でも屈指の超高齢化都市となっている。地区別では、熱海(44・1%)、伊豆山(50・7%)、泉(51・8%)、初島(22・8%)、上多賀(39・8%)、下多賀(36・6%)、網代(53・7%)。伊豆山・泉、網代は2人に1人超が65歳以上だった。

面白いのは、昨年の敬老大会時に比べ、熱海市の総人口が419人減少しているにもかかわらず、70歳以上人口は159人、65歳以上人口が302人増えていることだ。この数字からも少子高齢化が見て取れるが、同時にいかに熱海市が温暖で温泉に恵まれ、健康的で安全・安心なまちづくりをしているかが分かる。
政府は「首都圏でこれから介護医療がパンクしてしまう懸念が強く、地方移住対策を含める」との日本創生会議の提言を踏まえ、高齢者が元気なうちに移住して必要に応じて医療・介護を受ける「日本版CCRC」への取り組みを進めている。いざとなれば、新幹線で1時間で首都圏に戻れる熱海市が、シルバー産業のモデル地区のトップリーダーになれる環境は整っている。元気なお年寄りこそ、これからの楽土・熱海のカギを握る。

国家市歌客市長杉山芥川トップIMG_9960ssp (1)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  2. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  3. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
  4. 2020-5-29

    歌手生活60年、橋幸夫さんが熱海警察署「一日署長」 安全の架け「橋」

    今年7月で歌手生活60年を迎える橋幸夫さん(77)が5月29日、熱海警察署の一日署長を務め…
ページ上部へ戻る