韓国庭園で「サムルノリ」演奏、17日の熱海もみじまつり開幕日

熱海市日韓親善協会(鵜沢精一会長)は熱海梅園もみじまつりが開幕する11月17日午後1時から3時まで園内の韓国庭園で「韓国楽器の調べ」を開催する。
開会式には齋藤栄市長、藤曲敬宏県議、駐横浜大韓民国領事館関係者などが出席。演奏会では、朝鮮の伝統楽器であるケンガリ・チン・チャング・プクを用いた韓国の現代音楽(サムルノリ)の演奏や韓国民話の語りなどを披露する。入場無料。
(熱海ネット新聞)
🔸韓国庭園 2000年9月23日に行われた、森喜朗内閣総理大臣と金大中大統領による日韓首脳会議の翌日に、両首脳が熱海梅園を訪問され園内を散策・歓談されたのを記念して建てられた。2015年11月には日韓国交正常化50周年の記念イベントを開催(写真)。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る