熱海市議選に現職米山秀夫氏と新人後藤雄一氏を公認/公明党中央幹事会

公明党は11月15日、東京都新宿区の党本部で中央幹事会を開き、来年4月に行われる統一地方選挙の予定候補者(市議178人、町村議31人)を決定した。熱海市議会(定員15)では現職米山秀夫氏(61)と新人後藤雄一氏(57)の二人を公認。
後藤氏は12年ほど前に東京都大田区から市内東海岸町のマンションに移住し、住宅設備会社を経営している。小学校時代は網代小学校に通っており、熱海と地縁がある。田方農高卒。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-10

    花火の夜、熱海にトランペットの音響く マリーズキッチンで音楽ライブ

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月9日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタジ…
  2. 2018-12-10

    横浜の夜景、スターマインとコラボ/熱海海上花火大会

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月9日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスター…
  3. 2018-12-9

    12月11、12日に市議会「一般質問」 各議員の質問趣旨と登壇時間

    熱海市議会11月定例会は12月11、12日に一般質問を行う。川口健議長・越村修副議長を除く市…
  4. 2018-12-8

    絶品アジに舌鼓 師走の網代温泉、ひもの祭りで賑わう

    熱海市の網代温泉で12月8日、師走恒例の「網代温泉ひもの祭り」が始まった。毎年12月第2週の…
ページ上部へ戻る