学生時代を思い出し、歌声喫茶風に交流/熱海自然の郷コンサート

熱海市の別荘地「熱海自然の郷」(熱海市上多賀)の集会所で11月17日、別荘所有者や住人らシニア世代の30人が第1回「熱海自然の郷コンサート」を開いた。熱海市が全盛を誇った昭和30年〜45年頃にかけて流行った歌声喫茶風を再現、昭和の歌謡曲やフォークソングを参加者全員で歌い、交流を深めた。
東京・八王子に自宅を持ち、3年前から熱海自然の郷に別荘を構えたファイナンシャルプランナーの伊藤誠さんが「自然の郷の住人の交流を深めよう」と呼びかけて実行委員会を作り、初開催した。
約1500世帯ある同別荘地は、小松製作所の子会社が今年3月まで管理していたが、 エンゼルフォレストリゾートにスイッチ。別荘所有者や定住者(約300人)が同社と協働して様々なイベントを企画している。
コンサート後の交流会では、市内下多賀にある八木酒店の八木孝浩代表がセレクトした静岡県の銘酒、「駿州中屋」(富士宮市)、「白陰正宗」(沼津市)を試飲しながら昭和の話で盛り上がった。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
🔸伊藤誠実行委員長 60歳以上のシニアの方々に、もう一度学生時代に戻って一緒に楽しもうという趣旨で開催した。今回は歌やピアノが得意の人にステージに上がってもらいコンサートを開いたが、皆さん、様々な得意分野がある。バーベキューや花作り、木工クラフトなど様々なイベントを企画していきたい。

浜辺の歌

伊藤誠実行委員長


八木酒店の八木孝浩代表


 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-4

    元サッカー日本代表・中田英寿氏、熱海でトークショー 「工藝と食」熱弁

    熱海市のMOA美術館は12月4日、サッカー元日本代表MF・中田英寿氏、人気パティシエ・鎧塚…
  2. 2020-12-4

    金森和道さん、熱海市清水町にコロナ対策専門店 市民の感染対策に一助

    新型コロナウイルスの感染症拡大防止に役立ててほしいと、熱海市清水町に新規オープンした「あん…
  3. 2020-12-3

    熱海市で新たに70歳男性がコロナ感染 12月に入り3日連続

    静岡県は12月3日、熱海市で新たに70歳代男性の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。これで…
  4. 2020-12-3

    12月9、10日に市議会「一般質問」 コロナ禍の諸問題で論戦 質問全掲

    熱海市議会11月定例会は12月9、10日に一般質問を行う。竹部隆議長・橋本一実副議長と田中秀宝氏を…
ページ上部へ戻る