ヒマラヤザクラ、咲き始める/熱海・さくらの名所散策路

 

県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの名所散策路」でヒマラヤザクラが次々に開花している。
多賀湾を背景に可憐な淡いピンクの花を咲かせ、南熱海の観光関係者を喜ばせている。冬に花を付けるこの早咲きの桜は1968年に原産地ネパールのビレンドラ元国王(当時は皇太子)から桜の種を贈られ、市が丹精込めて日本一早咲きの桜に育てた。
撮影した11月21日の熱海は最高気温14・2度、最低気温が11・9度。網代の月見ヶ丘公園では見頃を迎え、渚親水公園や長浜海浜公園でも開花が進んでいる。原木のある熱海高校前の傾斜地、多賀中学校体育館脇はまだつぼみ。全体的には例年並みで南熱海地域では桜と紅葉が交錯、ともに楽しめる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-12-1

    萌える紅葉 熱海の紅葉狩り名所、MOA美術館「茶の庭」

    (さらに…)…
  2. 2021-12-1

    熱海梅園で「紅梅」八重寒紅が開花、上皇陛下への献上梅出そろう

    紅葉のピークを迎えている熱海梅園で11月30日、紅梅の八重寒紅(やえかんこう)が開花した。白梅の冬至…
  3. 2021-12-1

    来年3月の東伊豆町長選 元参院議員岩井茂樹氏氏が立候補表明

    6月の静岡県知事選に出馬して敗れた元参院議員の岩井茂樹氏(53)が11月30日、東伊豆町町内で会見し…
  4. 2021-11-30

    義援金 支援金の総額18億5000万円に 熱海土石流

    今年7月3日に発生した熱海市伊豆山の大規模土石流で、市は11月30日、同日現在で全国から寄せられた義…
ページ上部へ戻る