御鳳輦奉仕の引き継ぎ式 戸塚会長予定者、伝統の重みズシリ/来宮神社

来宮神社の本殿前で11月23日、新嘗(にいなめ)祭神事に続いて、御鳳輦(ごほうれん)奉仕者の引き継ぎ式が行われた。雨宮盛克宮司や神社総代、祭典委員らが見守る中、本年度厄年奉賛会「来宮辰巳會(きのみやたつみかい)」の川本数章会長から次年度厄年奉賛会の戸塚雄史郎会長予定者に来宮神社例大祭の引き継ぎ関連書類一式が入った箱が手渡された。戸塚会長予定者は「御鳳輦奉仕の伝統と先輩方の思いをしっかり受け止め、来宮神社にご奉仕させていただくとともに会員一同、大きく成長したい。来年は平成から新しい時代に切り替わるちょうどその年。記憶に残る御鳳輦奉仕をさせていただきます」と力強くあいさつした。会の名称は来年1月の設立総会で決める。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■御鳳輦(ごほうれん)大厄の42歳を迎える男子が節分から翌年の節分まで来宮神社の氏神様に仕え、ご奉仕することで厄を逃れる。熱海では「御鳳輦奉仕」として代々引き継がれ、7月の来宮神社例大祭では、猿田彦の神の天狗をとともに、御鳳輦が氏子町内を渡御。
■2019年度来宮神社御鳳輦奉仕者(出席者)
戸塚雄史郎、水谷進介、高橋伸一、村越章浩、高橋惣一、田村竜二、中村喬士、國原昭直、澤口幸司、内田修、狩野学、片庭充隆


戸塚雄史郎会長予定者のあいさつ



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市街でブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを彩っている。…
  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
ページ上部へ戻る