新穀を神に備え、新嘗祭 五穀豊穣を祝う/今宮神社

ことしの農作物の収穫に感謝する新嘗祭(にいなめさい)が11月23日、今宮神社で営まれた。神前には新米や野菜、果物などが供えられ、泉明寺みずほ宮司が祝詞を奏上。八代一雄総代長や神社役員、地元住民らが五穀豊穣(ほうじょう)を祝った。毎年11月23日に開催される神事。「勤労感謝の日」は、この神事を踏襲したものとされる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■新嘗祭(にいなめさい) 天皇が新穀を神に備え、自らも食して収穫を感謝する儀式。「新」は新穀「嘗」はご馳走を意味する。始まりは飛鳥時代と言われ、毎年11月23日に全国の神社で行われる。五穀の豊穣を祈願する2月17日の祈年祭と相対する関係にある。



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-8-10

    網代温泉海水浴場 お盆休みの「密」避け、夏楽しむ 隠れた人気スポット

    熱海市にある3つの海水浴場の一つ、網代温泉水浴場でも8月9日、混雑のピークを迎えた。網代温泉が隆盛…
  2. 2020-8-10

    長浜ビーチに若者らが続々、ピーク突入 8月12日にお盆恒例の花火大会

    お盆休みを迎え、熱海市上多賀の長浜海水浴場でも8月9日、首都圏などの若者を中心に混雑が始まった。今…
  3. 2020-8-10

    熱海サンビーチ、今年一番の混雑 入場制限に備え「五輪対策専門家」配備

    熱海サンビーチで8月9日、今年一番の人出を記録した。今夏はコロナの感染予防のため、熱海市は…
  4. 2020-8-10

    熱海市上宿町で住宅兼会社の火災 1時間後に鎮火、けが人はなし

    12月9日午前3時25分ごろ、熱海市上宿町の三ツ星工業で住宅兼会社の一部を焼く火災があり、約1時間…
ページ上部へ戻る