豪華寝台列車「四季島」など走らせ「秋の鉄道展」/熱海鉄道同好会


「秋の鉄道展」が11月24日、熱海市役所いきいきプラザ7階多目的会議室で始まり、子供たちや鉄道ファンがNゲージ鉄道模型レイアウトを囲んで、電車が走る様子を見学するなど鉄道に親しんだ。
鉄道模型レイアウトは、市内外の有志20人でつくる「熱海鉄道同好会」(森下暢紀会長)が準備したもので、全周13メートルと8メートルの大きさ。メンバーが初登場の豪華寝台列車「トランスイート四季島」をはじめ、成田エクスプレス、東海道新幹線、スーパービュー踊り子、貨物列車など模型約1000編成を持ち寄って走らせ、来場者を楽しませた。

会場では、熱海駅の発車メロディーが流れる中、体験運転したり、持ち込んだ車両を走らせたりすることもできる。このほか、JR東日本・熱海駅の協力で子ども向けの塗り絵大会と駅長制服試着会も開かれ、大勢の家族連れなどでにぎわった。
25日も開かれ、時間は午前10時から午後4時。入場無料。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

0319D528-CE59-4093-89D4-2FA7A96D363E
鉄道展を彩る電車

豪華寝台列車「トランスイート四季島」

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-26

    新型コロナ 静岡県内の検査、24日までに75件 全員が「陰性」

    川勝平太静岡知事は2月25日、国内外で感染者が増えている新型コロナウイルスによる新型肺炎について、…
  2. 2020-2-26

    28日の逍遥忌記念祭の式典中止 “新型コロナ”に配慮 海蔵寺墓参は実施

    熱海市は2月26日、28日に起雲閣で予定していた「逍遥忌記念祭」の式典を中止すると発表した。新型コ…
  3. 2020-2-26

    渚親水公園の大寒桜が満開 熱海市街、梅から桜に主役が再交代

    季節の変わり目に差し掛かり、三寒四温の影響で熱海市街の大寒桜(おおかんざくら)が一斉に満開…
  4. 2020-2-26

    2月定例会で市長が施政方針 熱海フォーラム規模縮小 図書館抜きで整備

    熱海市議会2月定例会が2月25日、開会した。齋藤栄市長は施政方針演説で、新年度を「熱海2030年ビ…
ページ上部へ戻る