山田治雄さんの同級生 91歳山口宝子さんの「 卒寿」を祝い朗読会

文学と朗読の会「天海市(てんかいち)」(宮崎淳一代表)は11月23日、起雲閣音楽サロンで朗読会を開いた。4年ぶりの開催で今回は同会の最年長会員・山口宝子さん(91)の卒寿のお祝いを兼ねて開いた。
会員が源氏物語や平家物語の古典や女優・高峰秀子さんのエッセイなどを次々に朗読。山口さんは舞台上のいすに座り、ジャズピアニスト爪生利典さんが弾くピアノ演奏が流れる中、静かにノートを開いて小説「野菊の墓」(伊藤佐千夫)を感情豊かに朗読した。
市内水口町に住む山口さんは奇しくも同じ町内の日本最高齢市議、山田治雄さんと同じ昭和2年生まれ。40年前に熱海のリゾートマンションを購入し、都内の自宅と熱海の別荘を夫妻行き交っていたが、熱海に移住。13年ほど前に夫を亡くしてから趣味で朗読を始めたという。
「山田先生とは、直接話しをしたことはないのですが、講演会でお話しを伺ったおり、肌のハリ、元気なお声。私も頑張ろうと大変元気をいただきました」と謙遜する山口さんだが、同会を主宰する宮崎さんは「90歳を超えてこの張りのある声は驚異的」と脱帽。その秘訣を「(山口さんは)中島飛行機に学徒動員され、娘時代に大好きな国語ができなかった。娘時代を取り戻そう朗読に情熱を注いでおられるのです」と明かした。
同会は、宮崎さんが2011年から行っている朗読会で、市内外の愛好家が市役所いきいきプラザで定期的に活動。毎週木曜午後7時半からのFM熱海湯河原「遥かなる旅路・空麦秋劇場」でも朗読を披露している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

山口宝子さんの朗読「野菊の墓」


宮崎淳一代表





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  2. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  3. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市ではブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを南国ムードに…
  4. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
ページ上部へ戻る