紅葉がピーク突入 、 モミジ鮮やかに錦秋の熱海梅園彩る 園内は人、人、人

「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で11月28日、園全体で見頃を迎えた。380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレンジに染まり、赤いモミジの絨毯(じゅうたん)も。首都圏などから情景を楽しむ人たちが次々に訪れ、終日賑わった。
ビュースポットの赤い駐杖橋(ちゅうじょうばし)、韓国庭園の周辺、香林亭に続いて、撮影スポットとして人気が高い韓国庭園近くの展望台からの景色も秋色に染まり、観光客らがカメラを向けていた。園内は今週末にクライマックスを迎え、見頃は熱海梅園もみじまつり最終日の12月9日まで続く。両週末とも甘酒のサービスや熱海菓子商工組合によるもみじまつり限定まんじゅうの販売、ジャズコンサートなどが開かれる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    師走の熱海市 日本最速で春景色 日本一美しい通学路、さくら満開

    県立熱海高校の通学路を兼ねて新たな観光名所にしようと熱海市が15年かけて整備した「さくらの…
  2. 2020-12-1

    熱海市の高齢者がコロナ感染 感染経路は調査中 市46例目

    静岡県は12月1日、熱海市に住む高齢者(65歳以上)の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。…
  3. 2020-12-1

    日本で唯一無二 紅白梅、あたみ桜と共演 熱海梅園もじまつり最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  4. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
ページ上部へ戻る