公明党の現職米山氏と新人後藤氏、来年4月の熱海市議選に出馬表明

公明党熱海支部(米山秀夫支部長)は11月30日、市議会議長応接室で記者会見し、人気満了に伴う来年4月の熱海市議選(定数15)に現職で6選を目指す米山秀夫市議(61)と新人後藤雄一氏(57)が党公認で出馬することを表明した。
米山氏は、重点政策として①防災・減災に強い街づくり②福祉の充実③子育ての充実ーーを挙げ、「この4年間、1人でやってきたが、来年の戦いでは2人目を何としてでもという決意。力を合わせて自然災害対策、地域包括ケアシステムの確立、教育費の負担軽減などに取り組みたい」と話した。
公明党熱海支部は、最大3人の市議がいたが、市議定数の削減で2人に定着。前回の選挙でも2人を擁立したが、1人が出馬表明後に体調を崩し、米山氏だけの立候補になった経緯がある。
新人候補の後藤氏は、東京都出身。14年前から市内東海岸町に移住し、住宅設備会社を経営。「熱海駅前のにぎわいを市民生活に反映させ、若者が市外に出なくとも働けるような環境、高齢者が住みやすいまちづくりに取り組みたい」と抱負を述べた。
同市議選の出馬表明は今回が初めて。現職15人全員に加えて後藤氏、前県議、前市議、元女性市議、新人の計5人の出馬がささかれており、〝1人落ち〟だった前回から一転、激しい選挙戦が予想される。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

■後藤雄一(ごとう・ゆういち)東京都出身。三島北中、田方農業高卒。父親が教員で転校が多く、一時、網代小でも学んだ。海上自衛官、コンピューターSE、山崎製パン社員を経て住宅設備会社を設立し、代表取締役社長。公明党熱海支部副部長。独身。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-8-23

    最強地下アイドルユニット「仮面女子」、熱海海上花火大会に出現

    夏季熱海海上花火大会開催に合わせ、打ち上げ前に親水公園イベント広場で開かれる「ゆか…
  2. 2019-8-23

    懲役2年、前伊東市長の実刑確定 伊東市、退職金5400万円を全額返還請求へ

    伊東市の旧伊東マンダリン岡本ホテル跡地売買をめぐる贈収賄事件で収賄の罪に問われ、一審に続き二審の東…
  3. 2019-8-23

    東海汽船、「熱海⇆大島」高速ジェット便、往復3500円 62%OFF

    今年11月に創立130周年を迎える東海汽船は8月23日、「熱海⇄大島」航路の高速ジェット船を往復3…
  4. 2019-8-23

    熱海中でPTA奉仕作業 今宮、来宮、伊豆山の厄年奉賛会が“助っ人”

    熱海中学校で8月22日、PTA奉仕作業(渡邉昇会長)が行われた。生徒、保護者、教職員が校舎内外の清…
ページ上部へ戻る