風情ある錦秋、「茶の庭」で心行くまで堪能/熱海・MOA美術館

熱海市の隠れた紅葉の名所として知られるMOA美術館の敷地内にある「茶の庭」で、紅葉が見ごろを迎え、来館者を楽しませている。今年は秋に入り温暖な気候が続いたため紅葉が1週間ほど遅れ、今が真っ盛り。
「茶の庭」の「光琳(こうりん)屋敷」や茶室「樵亭(しょうてい)」「一白庵」には、鮮やかな赤や黄に色づいたノムラモミジ、イロハモミジなどカエデ類が約60本植えられており、「大人の紅葉狩りスポット」として人気が高い。訪れた人たちは、庭園にあふれる幻想的な紅葉をゆったりと観賞、錦秋の風情を心行くまで堪能している。
同美術館は12月9日まで、重要無形文化財保持者(人間国宝)54人の作品を一堂に集めた特別展も開催している。木曜日休館。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=12月1日撮影
■問い合わせ 0557-84-2511(同美術館)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
  2. 2020-6-3

    熱海市街、鮮やかな赤や赤紫に染まる ブーゲンビリアが一斉に満開

    熱海市街でブーゲンビリアが満開を迎え、鮮やかな赤や赤紫(マゼンタ)の花が初夏の街並みを彩っている。…
  3. 2020-6-3

    熱海市の高齢化率(65歳以上人口)47・8%、静岡県の市で抜けてトップ

    静岡県は、2020年4月1日現在の総人口に対する65歳以上(高齢化率)と75歳以上(後期高齢率)を…
  4. 2020-6-2

    アベノマスク、熱海市でも配布始まる 2万1588世帯3万6417人へ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、政府が全戸に届ける布マスクの配達が熱海市でも始まった。2枚1…
ページ上部へ戻る