風情ある錦秋、「茶の庭」で心行くまで堪能/熱海・MOA美術館

熱海市の隠れた紅葉の名所として知られるMOA美術館の敷地内にある「茶の庭」で、紅葉が見ごろを迎え、来館者を楽しませている。今年は秋に入り温暖な気候が続いたため紅葉が1週間ほど遅れ、今が真っ盛り。
「茶の庭」の「光琳(こうりん)屋敷」や茶室「樵亭(しょうてい)」「一白庵」には、鮮やかな赤や黄に色づいたノムラモミジ、イロハモミジなどカエデ類が約60本植えられており、「大人の紅葉狩りスポット」として人気が高い。訪れた人たちは、庭園にあふれる幻想的な紅葉をゆったりと観賞、錦秋の風情を心行くまで堪能している。
同美術館は12月9日まで、重要無形文化財保持者(人間国宝)54人の作品を一堂に集めた特別展も開催している。木曜日休館。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真=12月1日撮影
■問い合わせ 0557-84-2511(同美術館)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-3-1

    序ノ口優勝の熱海富士、序二段西48枚目 大相撲春場所番付 3月14日初日

    日本相撲協会は3月1日、大相撲春場所(14日初日、東京両国国技館)の新番付を発表した。初場所で序ノ…
  2. 2021-3-1

    満開の大寒桜、ひっそりとライトアップ 熱海市の渚親水公園市営駐車場

    新型コロナウイルス感染拡大の影響で外出を控える動きが続く中、熱海市の渚親水公園市営駐車場で大寒桜(…
  3. 2021-2-28

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 高齢でない成人と20歳代男性 2月28日

    静岡県は2月28日、熱海市に住む高齢でない成人(性別は不公表)と20歳代男性の新型コロナウイルス感…
  4. 2021-2-27

    【お悔やみ】津田博之さん(熱海市中央町)2月25日死去 友楽町町内会長

    津田博之さん(つだ・ひろゆき)2月25日死去、80歳。熱海市中央町3の10。バー「メキシコ」。有楽…
ページ上部へ戻る