紅葉狩り客をハーモニカとウクレレでおもてなし/熱海梅園・中山晋平記念館


熱海梅園の中山晋平記念館にハーモニカとウクレレの音が流れ、紅葉狩りに訪れた行楽客らをもてなした。熱海のウクレレサークル「来の宮アイランダーズ(10)テン」が「みんなで歌いましょう 懐かしい中山メロディー」を開き、熱海ゆかりの作曲家中山晋平さんがつくった「背くらべ」「しゃぼん玉」「肩たたき」「てるてる坊主」「カチューシャの唄」「東京行進曲」などの名曲を披露したもので、毎年、もみじ祭りや梅まつりなどで演奏を披露している。
ハーモニカは、中銀ライフケア来の宮の元マネジャー・田川晃さんが牧之原市から駆けつけた。
訪れた人たちは、大正時代のノスタルジア(郷愁)な雰囲気に包まれた記念館で、美しく色づいたもみじや木々を愛でながら、心地よい演奏やトークを楽しんだ。東京の奥座敷として、明治時代から多くの作家、政治家に愛された熱海らしいおもてなしだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
▪️中山晋平記念館 大正初期から大衆音楽の普及に大きな足跡を残した作曲家「中山晋平」は、第二次世界大戦が激しくなった昭和19年、東京・中野区から熱海市に移住し、昭和27年に亡くなるまで市内西山町に居住した。現在は、熱海市が居宅を梅園内に移築して入館無料で一般公開している。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-12

    熱海市で2人が新たに新型コロナ感染 成人男性と同居家族の高齢者女性

    静岡県は7月12日、熱海市に住む成人男性と、同居する高齢者女性の2人が新型コロナウイルスに感染した…
  2. 2020-7-11

    御神女の小川寧子さん、伝統の「神女神楽」を披露 来宮神社例大祭で奉納

    来宮神社例大祭で「神女神楽(みこかぐら)」を奉納する小川寧子(おがわ・ねね)さん(第一小1…
  3. 2020-7-10

    来宮神社例大祭 「浦安の舞」公開稽古 コロナ予防で歴代初のデュオ奉納

    熱海市の来宮神社(雨宮盛克宮司)例大祭(7月14-16日)で「浦安の舞」を奉納する舞姫2人が7月1…
  4. 2020-7-10

    東急不動産、熱海港観光のホテル建設計画取り下げ コロナで先行き見通せず

    東急不動産(東京都渋谷区)が熱海港観光施設(現海釣り施設駐車場)の市有地を借り受けて会員制ホテルを…
ページ上部へ戻る