日本一遅い紅葉ピーク 記録的暖かさで平日でも混雑/熱海梅園

「熱海梅園もみじまつり」最終週の12月4日、熱海市は南西から暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で朝から記録的な暖かさとなり、午前12時過ぎに気温22・6度を記録。10月上旬並みの暖かさとなり、熱海梅園には平日にもかかわらず「日本一遅い紅葉」を楽しもうと多くの観光客で賑わった。
380本ある楓(かえで)類が深い赤色やオレンジ、黄色に染まり、美しいグラデーションを観ることができる。今まさにピークを迎えている園内をとくとご覧ください。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2018-12-10

    花火の夜、熱海にトランペットの音響く マリーズキッチンで音楽ライブ

    冬の熱海海上花火大会に合わせて12月9日、熱海市紅葉ヶ丘町の「マリーズキッチン&ライブスタジ…
  2. 2018-12-10

    横浜の夜景、スターマインとコラボ/熱海海上花火大会

    熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月9日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスター…
  3. 2018-12-9

    12月11、12日に市議会「一般質問」 各議員の質問趣旨と登壇時間

    熱海市議会11月定例会は12月11、12日に一般質問を行う。川口健議長・越村修副議長を除く市…
  4. 2018-12-8

    絶品アジに舌鼓 師走の網代温泉、ひもの祭りで賑わう

    熱海市の網代温泉で12月8日、師走恒例の「網代温泉ひもの祭り」が始まった。毎年12月第2週の…
ページ上部へ戻る