横浜の夜景、スターマインとコラボ/熱海海上花火大会

熱海梅園もみじまつりが閉幕した12月9日夜、熱海市では年末恒例の忘年熱海海上花火大会がスタート。熱海湾には首都圏などから訪れた宿泊客や市民がどっと繰り出し、1万4000人の人たちが夜空を仰いだ。
冬の熱海海上花火大会の醍醐味は、およそ80キロ離れたハマ(横浜)夜景とのコラボ。打ち上げた午後8時20分の気温は9度。日が沈みぐっと冷え込んだが、おかげで熱海市街からは相模湾越しに横浜のランドマークの大観覧車や房総半島まできれいに望めた。この都会の街の灯りが、次々に打ち上げられたスターマインや大玉の借景になったり、絶妙な遠近感をもたらしたりして、熱海の街全体がパノラマ図にー。空気が乾燥した冬花火だけの特権。次回は16日に打ち上げる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■主催 熱海市ホテル旅館協同組合連合会

大空中ナイアガラとのコラボ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-12-1

    日本で唯一無二、梅と桜とモミジのコラボ 熱海梅園の紅葉が最終章

    「日本一遅い紅葉」で知られる熱海梅園で12月1日、380本ある楓(かえで)類が深い赤やオレ…
  2. 2020-12-1

    熱海市消防職員を暴行の疑いで逮捕 交通トラブルで車のドア蹴る

    熱海署は11月30日、暴行の疑いで熱海市消防署の職員(48)を逮捕した。27日午後11時ごろ、市内…
  3. 2020-11-30

    熱海芸妓に公式マスコットキャラクター誕生! 愛称募集!

    熱海芸妓(げいぎ)の公式キャラクターデザインが誕生した。若い人たちや女性にも芸妓文化に親しみを持っ…
  4. 2020-11-28

    熱海市の高齢でない男性がコロナ感染 伊東市のクラスター飛び火を警戒 

    静岡県は11月28日、熱海市に住む高齢でない成人男性(20~64歳)の新型コロナウイルス感染を確認…
ページ上部へ戻る