日本一早咲きの「あたみ桜」開花ラッシュ! 熱海梅園に春到来

日本で最も早く咲く桜として知られる「あたみ桜」が続々開花している。12月13日、熱海梅園を訪れると足湯近くのあたみ桜に続いて香林亭付近でも可憐なピンクの花を咲かせていた。
梅園前の市道でも、開花が始まっている。あたみ桜は例年、1月初旬~中旬ごろに咲き始める。前々年は12月6日、前年より同5日に開花したが、今シーズンもほぼ同じペースだという。
あたみ桜は市のシンボルとなる「市の木」で沖縄のカンヒザクラとヤマザクラの自然雑種。明治4年(1871年)頃、イタリア人がレモン・ナツメヤシとともに熱海にもたらしたという。
日本列島で最も早咲きの桜として注目を集める河津桜より実は約1カ月早く咲く。一般的に桜の開花期間は1~2週間だが、あたみ桜の開花期間は1カ月以上と長いのが特徴。
(熱海ネット新聞・松本洋二)





園内では早咲き種の梅も次々に開花しており、あたみ桜、紅葉とともに楽しめる。
写真はいずれも12月13日に撮影

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-22

    ダイヤモンド・プリンセスの乗客に熱海市の夫妻も 下船許可に安堵

    横浜港・大黒ふ頭に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で2月21日、新型コロナウイルスの…
  2. 2020-2-21

    静岡県立高校の入学願書締め切り 熱海は0.94倍 で定員割れ

    静岡県内の公立高校の入学願書の受け付けが締め切られ、県教育委員会は2月20日、志願倍率を発表した。…
  3. 2020-2-21

    新型肺炎感染に配慮 藤曲敬宏県議「県議会傍聴バスツアー」取りやめ

    新型コロナウイルスによる肺炎拡大で、熱海市選出の藤曲敬宏県議の後援会「藤曲たかひろ事務所」は、3月…
  4. 2020-2-20

    「大漁桜」が満開 漁師まちがサクラダイ色 網代・阿治古神社

    熱海市網代の阿治古神社で大漁桜(タイリョウザクラ)が満開を迎えた。多賀中で校長を務めた故角田春彦さ…
ページ上部へ戻る