石原元都知事「熱海が最適なカジノ開発地」 外国特派員協会会見で

元東京都知事の石原慎太郎氏(86)が12月18日、東京・千代田区の日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見を開き、日本のカジノ開発地について「熱海が最適」と注目発言した。
都知事時代、「お台場カジノ」の構想を掲げてカジノ合法化運動を推進してきた石原氏。この日の会見では海外特派員の記者から「カジノを含む統合型リゾート(IR)施設の誘致候補地は3カ所とされるが、そのうち1つは必ず東京と考えているか」の質問があった。石原氏は「日本の首都にはカジノ発展はもう必要ないと考えている。あちこちにあっていい。熱海が最適なカジノ開発地」と持論を述べた。
「米国では、先住民が生活できるようにちっちゃなカジノをつくり、発展戦略に活かしている。カジノは疲弊した地方の景気回復の対策になる。日本の場合は、温泉地の熱海が最適なカジノ開発地、リライブ(復活)なる」と述べた。

この日の会見では、日米関係や国際情勢、自衛隊の医療体制、東京オリンピック・パラリンピックなどへの質問にも答えた。会見の様子はYouTubeで見ることができる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■日本外国特派員協会(FCCJ) 終戦直後に日本に入った海外メディアの拠点として1945年に発足した会員制クラブ。戦後の日本を映す多彩なゲストを招き、記者会見などを開いている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る