石原元都知事「熱海が最適なカジノ開発地」 外国特派員協会会見で

元東京都知事の石原慎太郎氏(86)が12月18日、東京・千代田区の日本外国特派員協会(FCCJ)で記者会見を開き、日本のカジノ開発地について「熱海が最適」と注目発言した。
都知事時代、「お台場カジノ」の構想を掲げてカジノ合法化運動を推進してきた石原氏。この日の会見では海外特派員の記者から「カジノを含む統合型リゾート(IR)施設の誘致候補地は3カ所とされるが、そのうち1つは必ず東京と考えているか」の質問があった。石原氏は「日本の首都にはカジノ発展はもう必要ないと考えている。あちこちにあっていい。熱海が最適なカジノ開発地」と持論を述べた。
「米国では、先住民が生活できるようにちっちゃなカジノをつくり、発展戦略に活かしている。カジノは疲弊した地方の景気回復の対策になる。日本の場合は、温泉地の熱海が最適なカジノ開発地、リライブ(復活)なる」と述べた。

この日の会見では、日米関係や国際情勢、自衛隊の医療体制、東京オリンピック・パラリンピックなどへの質問にも答えた。会見の様子はYouTubeで見ることができる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■日本外国特派員協会(FCCJ) 終戦直後に日本に入った海外メディアの拠点として1945年に発足した会員制クラブ。戦後の日本を映す多彩なゲストを招き、記者会見などを開いている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る