平成最後の熱海梅園の紅白梅、宮内庁へ持参 天皇誕生日のお祝い


天皇陛下の誕生日(12月23日)に献上する紅梅の八重寒紅(やえかんこう)と白梅の冬至梅(とうじばい)の出発式が12月21日、熱海市役所の正面玄関口であった。齊藤栄市長が富岡久和観光経済課長と芹澤元一秘書室長に献上梅を手渡しし、両職員が宮内庁に持参した。
熱海市は今年で85歳を迎えられる天皇陛下が皇太子時代の昭和44年から毎年、熱海梅園の紅白梅の献上を続けており、今年で50回目。この梅は園内にあるオールコックの碑の縁で英国大使館、韓国庭園の開設を通じて韓国大使館にも持参する。

市長は「現在の天皇陛下の誕生日に熱海梅園の梅を献上させていたくようになって今年は節目の50回目。平成最後の献上梅となりますが、これからも献上を続けさせていただきたいと考えております。ひと足早い梅ということで、皇后陛下もことのほか楽しみにしておられ、自ら活けられるそうです。安全にお届けして下さい」と送りだした。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■献上コース 熱海市役所→宮内庁→英国大使館→韓国大使館
■オールコックの碑 英国公使オールコックは、万延元年(1860年)富士登山をしたあと熱海温泉に泊まり、その山海奇勝を愛して碑を建てた。碑文は「羅多保津斗安有留古津久英国美仁須登留」と始まる。
■韓国庭園 平成12年(2000年)9月に当時の森首相と金大中大統領との日韓首脳会談が熱海で行われた際に 熱海梅園を訪れ園内を散策し歓談。日本と韓国の友好と世界平和が永久に続くことを願い、 朝鮮時代の伝統様式と手法を取り入れた庭園を整備した。






関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-4-18

    「まん延」で首都圏の日帰り客激減 宿泊客がゆったり花火見物

    今年度最初の熱海海上花火大会が4月17日、熱海湾で開催された。前線の影響で小雨が降り続く中…
  2. 2021-4-17

    「初島ところ天祭り」2年連続で中止 首都圏のコロナ感染再拡大で

    熱海市の初島区事業共同組合は、第46回「初島ところ天祭り」の中止を決めた。同組合は例年5月…
  3. 2021-4-16

    色鮮やかなツツジ、今年も晩春パノラマ MOA美術館「水晶殿」

    熱海市のMOA美術館のエスカレーター入口近くの展望台「水晶殿」でツツジが見ごろを迎えた。台…
  4. 2021-4-16

    ツツジ、姫の沢公園の山肌赤く染める 例年より2週間早く見ごろに

    熱海市の姫の沢公園で約6万株の赤やピンクのツツジが見ごろを迎えた。例年より2週間ほど早い。…
ページ上部へ戻る