よいしょ! ひと足早いお正月 熱海駅前商店街で伝統の餅つき

2学期終業式があった12月21日、熱海市東部地区青少年健全育成会(三枝佐斗志会長)は、熱海駅前郵便局裏の公開空地で子供たちと地元住民らが一緒に餅つきを楽しむ催しを開いた。もち米25キロを役員らが石臼ときねを使ってつく伝統行事。幼児から中学生までおよそ150人の子どもたちがきな粉やあんこ、のり巻きなどで味付けして味わった。紅白の餅も用意した。
熱海駅前の平和通り、仲見世通りの商店街は年末年始は大忙しとなることから、毎年、この時期にひと足早い餅つきを行っている。当初は田原本町の子どもたちへの冬休み前のサービスだったが、年々、規模が大きくなり現在は近隣の4町内が合同で実施している。活況が続く商店街に「よいしょ!」の大きな声が響いた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る