クリスマスに早くも8種の梅開花 熱海梅園、日本最速で 春の香り漂う

熱海梅園の早咲き梅が新年を待てずに続々開花している。クリスマスの12月25日、園内を散策すると八重寒紅、冬至梅に続いて紅冬至、増井緋梅、玉牡丹、緋の司、甲州野梅、未開紅が開花していた。これで59品種(472本)の梅の木のうち8種が花を咲かせ、辺りには甘酸っぱい香りが漂い始めた。今シーズンも日本最速ー。
紅葉は見頃過ぎに入ったが、まだ一部ではご覧のように綺麗なところも。梅と紅葉が両方見られるのは、全国で熱海梅園だけ。市の観光関係者は「年末年始の誘客に追い風」と喜んでいる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-24

    世界ポリオでー 熱海南ロータリークラブ、熱海駅で撲滅呼びかけ

    ポリオ(小児まひ)の根絶を目指す世界ポリオデーの10月24日、熱海南ロータリークラブ(岸秀…
  2. 2020-10-23

    熱海の奥座敷・小嵐町に温泉宿「SOKI ATAMI(そき あたみ)」開業

    小田急グループのUDS(東京都渋谷区)は10月22日、熱海市の奥座敷・小嵐町に11月1日開…
  3. 2020-10-22

    全国でも珍しい泊まれる国の登録文化財 旧井上馨公爵熱海邸 初の一般公開 

    熱海市教育委員会は10月22日、文化財所有者の協力で熱海市泉にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱…
  4. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
ページ上部へ戻る