クリスマスに早くも8種の梅開花 熱海梅園、日本最速で 春の香り漂う

熱海梅園の早咲き梅が新年を待てずに続々開花している。クリスマスの12月25日、園内を散策すると八重寒紅、冬至梅に続いて紅冬至、増井緋梅、玉牡丹、緋の司、甲州野梅、未開紅が開花していた。これで59品種(472本)の梅の木のうち8種が花を咲かせ、辺りには甘酸っぱい香りが漂い始めた。今シーズンも日本最速ー。
紅葉は見頃過ぎに入ったが、まだ一部ではご覧のように綺麗なところも。梅と紅葉が両方見られるのは、全国で熱海梅園だけ。市の観光関係者は「年末年始の誘客に追い風」と喜んでいる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-15

    熱海市で新たに2人がコロナ感染 ともに無症状、50歳代男性と高齢者

    静岡県は1月15日、熱海市に住む50歳代男性と高齢者(性別は公表を望まず)の新型コロナウイルス感染…
  2. 2021-1-15

    あたみ桜の蜜を求め、メジロが飛来 「糸川桜まつり」開幕から1週間 

    熱海市は1月13日現在のあたみ桜の開花状況を発表した。「あたみ桜糸川桜まつり」(〜2月7日…
  3. 2021-1-14

    富士山も祝福 熱海富士、寄り倒しで2勝目 熱海市の滝知山展望台が名所に  

    大相撲初場所は1月14日、東京・両国国技館で5日目の取組が行われ、熱海市出身で東序ノ口25…
  4. 2021-1-14

    熱海市で5人のコロナ感染確認 3人は未成年者、2人は高齢でない成人

    静岡県は1月14日、熱海市に住む5人の新型コロナウイルス感染を新たに確認した、と発表した。このうち…
ページ上部へ戻る