ウィーン少年合唱団が熱海にやってくる! 来年5月10日に熱海公演決定

「天使の歌声」として世界的に有名な少年合唱団・ウィーン少年合唱団の熱海公演が2019年5月10日に熱海市桃山町の救世会館大ホールで開かれることが12月26日、分かった。
世界ツアーで活躍する10歳〜14歳のアーティストに接することで、熱海の子供たちに情感豊かな心を育んでもらおうと市民有志などでつくるウィーン少年合唱団熱海公演実行委員会(小椋郁乃代表)が企画した。

毎年開催を計画しており、初回2019年の公演では市内の小学校3年生、6年生および中学校3年生(引率教員を含め約500人)の席を準備する。残りの1500席余りを熱海市民をはじめ、近隣市町の人たちにチケット販売する。

2019年は日本とオーストリアの国交樹立150周年にあたり、両国の記念事業として15公演し、東海エリアでは熱海だけの開催。詳細については1月8日に熱海市議会議長応接室で記者会見を開き、発表する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真はローソンチケットより

■公演スケジュール
4月28日(日)ウェスタ川越(埼玉)
4月29日(月祝)江戸川総合文化センター(
東京)
5月1日(水祝)板橋区立文化センター(東京)
5月3日(金・祝)サントリーホール(東京)
5月4日(土・祝)同
5月6日(月祝)八ヶ岳高原音楽堂(長野)
5月10日(金)救世会館大ホール(熱海)
5月18日(土)足利市民会館(栃木)
5月29日(水)東京芸術劇場コンサートホール(東京)
5月31日(金)奈良県文化会館(奈良)
6月1日(土)草津市立草津クレアホール(滋賀)
6月8日(土)横浜みなとみらいホール(神奈川)
6月14日(金)東京オペラシティ コンサートホール(東京)
6月15日(土)同
6月15日(土)同

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  2. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  3. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
  4. 2019-1-18

    あす19日午後1時「湘南なぎさ連」阿波踊り/あたみ桜糸川桜まつり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道であす19日(土)午後1時から「湘南なぎさ連」が阿波踊りを…
ページ上部へ戻る