ウィーン少年合唱団が熱海にやってくる! 来年5月10日に熱海公演決定

「天使の歌声」として世界的に有名な少年合唱団・ウィーン少年合唱団の熱海公演が2019年5月10日に熱海市桃山町の救世会館大ホールで開かれることが12月26日、分かった。
世界ツアーで活躍する10歳〜14歳のアーティストに接することで、熱海の子供たちに情感豊かな心を育んでもらおうと市民有志などでつくるウィーン少年合唱団熱海公演実行委員会(小椋郁乃代表)が企画した。

毎年開催を計画しており、初回2019年の公演では市内の小学校3年生、6年生および中学校3年生(引率教員を含め約500人)の席を準備する。残りの1500席余りを熱海市民をはじめ、近隣市町の人たちにチケット販売する。

2019年は日本とオーストリアの国交樹立150周年にあたり、両国の記念事業として15公演し、東海エリアでは熱海だけの開催。詳細については1月8日に熱海市議会議長応接室で記者会見を開き、発表する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
写真はローソンチケットより

■公演スケジュール
4月28日(日)ウェスタ川越(埼玉)
4月29日(月祝)江戸川総合文化センター(
東京)
5月1日(水祝)板橋区立文化センター(東京)
5月3日(金・祝)サントリーホール(東京)
5月4日(土・祝)同
5月6日(月祝)八ヶ岳高原音楽堂(長野)
5月10日(金)救世会館大ホール(熱海)
5月18日(土)足利市民会館(栃木)
5月29日(水)東京芸術劇場コンサートホール(東京)
5月31日(金)奈良県文化会館(奈良)
6月1日(土)草津市立草津クレアホール(滋賀)
6月8日(土)横浜みなとみらいホール(神奈川)
6月14日(金)東京オペラシティ コンサートホール(東京)
6月15日(土)同
6月15日(土)同

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-8

    休業要請外の売上減事業者 一律10万円給付 申請受付7月17日まで

    新型コロナウイルスのために収入が減った事業者のうち、休業協力金の対象から外れた事業者に熱海市が独自…
  2. 2020-7-8

    熱海の名所めぐる「湯~遊~バス」 7月10日から運行再開 

    小田急グループの伊豆東海バスは、熱海市内の名所旧跡を循環する「湯~遊~バス」の運行を7月10日から…
  3. 2020-7-8

    9月5日の秋の納涼海上花火大会も中止 熱海•伊豆山温泉

    熱海市の伊豆山温泉の観光関連3団体は新型コロナウイルス感染症防止のため、9月5日(土)に予定してい…
  4. 2020-7-7

    8月の熱海海上花火大会、各回とも生中継 日帰り客は自宅で観賞を

    熱海市は、新型コロナウイルス感染防止策として、8月5日から再開する夏季熱海海上花火大会(熱海湾)を…
ページ上部へ戻る