あす歳末協働朝市 食材や切り花など新年を迎える必需品を販売

熱海市の渚小公園であす12月29日、歳末恒例の「歳末協働朝市」が開かれる。時間は午前7時から同10時。毎年、正月準備を急ぐ人たちが朝から次々と訪れ、農産物や玄関などに飾る花卉(かき)を買い求める。園芸品、野菜、干物、切り花、パン、乾物類、柑橘類、惣菜など熱海、函南の両市町から15店舗が出店。購入金額に合わせて抽選クジが配布され、野菜や干物などの景品がもれなく当たる。日曜市出展会と農業委員会が合同で実施する。荒天は中止。
(熱海ネット新聞)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る