熱海高原ロープウェイやひぐち動物園など70点、黄金期伝える写真展「昭和の熱海」

熱海駅ビル「ラスカ熱海」3階で「市民写真展『昭和の熱海』」が開催されている。戦前から昭和40年代までの歴史写真展で、昭和42年完成の「熱海高原ロープウェイ」をはじめ、昭和43年から28年続いたパワーボートレース「オーシャンカップ」、市内泉地区にあった「ひぐち動物園」、熱海のランドマークだった後楽園の観覧車などを写真・資料70点で紹介している。
首都圏から熱海への移住促進などの活動をしているNPO法人「ライフ熱都(ネット)」(綾野憲夫理事長)が1月24日まで開催。入場無料。熱海市民もびっくりの秘蔵写真がてんこ盛りだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■熱海高原ロープウェイ 熱海サボテン公園(現星野リゾート・リゾナーレ熱海=旧ホテルあたみ百万石)と玄岳(くろたけ)の山頂付近を結んだロープウェイ。昭和42年に開業したが、経営破たんで約3年で休止。当時運行に使用された121人乗りゴンドラは世界最大級。氷ヶ池の近くには、現在も玄岳駅舎が老朽化したまま残されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2022-1-26

    熱海市の一般高齢者 あす27日から3回目接種予約スタート 

    熱海市では、1月27日から65歳以上の一般高齢者を対象とした新型コロナワクチンの3回目接種の予約を始…
  2. 2022-1-26

    熱海市の新規コロナ感染者14人 県内では過去最多の1467人=1月26日

    静岡県と熱海市は1月26日、熱海市で14人の新たな新型コロナウイルス感染が確認されたと発表した。県内…
  3. 2022-1-26

    史上初、熱海市出身の関取誕生 熱海富士の新十両昇進が決定

    日本相撲協会は1月26日、大相撲春場所(3月13日初日、エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き…
  4. 2022-1-26

    KEIRINグランプリで募った土石流災害義援金 丸山啓一静岡支部長届ける

    日本競輪選手会静岡支部の丸山啓一支部長(47)が1月25日、熱海市役所を訪れ、伊豆山土石流の義援金3…
ページ上部へ戻る