熱海高原ロープウェイやひぐち動物園など70点、黄金期伝える写真展「昭和の熱海」

熱海駅ビル「ラスカ熱海」3階で「市民写真展『昭和の熱海』」が開催されている。戦前から昭和40年代までの歴史写真展で、昭和42年完成の「熱海高原ロープウェイ」をはじめ、昭和43年から28年続いたパワーボートレース「オーシャンカップ」、市内泉地区にあった「ひぐち動物園」、熱海のランドマークだった後楽園の観覧車などを写真・資料70点で紹介している。
首都圏から熱海への移住促進などの活動をしているNPO法人「ライフ熱都(ネット)」(綾野憲夫理事長)が1月24日まで開催。入場無料。熱海市民もびっくりの秘蔵写真がてんこ盛りだ。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■熱海高原ロープウェイ 熱海サボテン公園(現星野リゾート・リゾナーレ熱海=旧ホテルあたみ百万石)と玄岳(くろたけ)の山頂付近を結んだロープウェイ。昭和42年に開業したが、経営破たんで約3年で休止。当時運行に使用された121人乗りゴンドラは世界最大級。氷ヶ池の近くには、現在も玄岳駅舎が老朽化したまま残されている。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る