梅干の最秀品種 「十郎」気丈に開花 ! 気温1度、今冬一番の冷え込みの中

気象庁のよると12月29日の熱海市の最低気温は1度、この冬一番の冷え込みを観測した。大型寒波で1月下旬の寒さとなる中、熱海梅園の迎月橋(げいげつ)付近で「十郎」が開花した。
十郎は小田原(神奈川県)で生まれ、果肉が厚く柔らかいことから梅干用品種の最秀品とされている。小田原の梅は歴史が古く、戦国時代の武将、北條氏が統治していた以前から梅の栽培が行なわれ、江戸時代には「東海道中膝栗毛」などに梅漬が小田原の名産品として登場している。
熱海でもこの熱海梅園の十郎梅などを使い、食品卸会社「東明」(田原本町、岸幸宏社長)が梅干しを作り、人気商品になっている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■開花している梅(12月29日現在)
八重野梅、増井緋梅、紅冬至、未開紅、甲州野梅、一重野梅、玉牡丹、緋の司、十郎、冬至梅、八重寒紅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る