梅干の最秀品種 「十郎」気丈に開花 ! 気温1度、今冬一番の冷え込みの中

気象庁のよると12月29日の熱海市の最低気温は1度、この冬一番の冷え込みを観測した。大型寒波で1月下旬の寒さとなる中、熱海梅園の迎月橋(げいげつ)付近で「十郎」が開花した。
十郎は小田原(神奈川県)で生まれ、果肉が厚く柔らかいことから梅干用品種の最秀品とされている。小田原の梅は歴史が古く、戦国時代の武将、北條氏が統治していた以前から梅の栽培が行なわれ、江戸時代には「東海道中膝栗毛」などに梅漬が小田原の名産品として登場している。
熱海でもこの熱海梅園の十郎梅などを使い、食品卸会社「東明」(田原本町、岸幸宏社長)が梅干しを作り、人気商品になっている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■開花している梅(12月29日現在)
八重野梅、増井緋梅、紅冬至、未開紅、甲州野梅、一重野梅、玉牡丹、緋の司、十郎、冬至梅、八重寒紅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る