梅干の最秀品種 「十郎」気丈に開花 ! 気温1度、今冬一番の冷え込みの中

気象庁のよると12月29日の熱海市の最低気温は1度、この冬一番の冷え込みを観測した。大型寒波で1月下旬の寒さとなる中、熱海梅園の迎月橋(げいげつ)付近で「十郎」が開花した。
十郎は小田原(神奈川県)で生まれ、果肉が厚く柔らかいことから梅干用品種の最秀品とされている。小田原の梅は歴史が古く、戦国時代の武将、北條氏が統治していた以前から梅の栽培が行なわれ、江戸時代には「東海道中膝栗毛」などに梅漬が小田原の名産品として登場している。
熱海でもこの熱海梅園の十郎梅などを使い、食品卸会社「東明」(田原本町、岸幸宏社長)が梅干しを作り、人気商品になっている。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■開花している梅(12月29日現在)
八重野梅、増井緋梅、紅冬至、未開紅、甲州野梅、一重野梅、玉牡丹、緋の司、十郎、冬至梅、八重寒紅

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

    紅葉の見頃を迎えた熱海市の市村清新技術財団・植物研究園で11月23日、「秋の一般公開」が始…
  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

    秋の3連休に合わせ、熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)で11月21…
  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

    深まる秋、日本一遅い紅葉の名所・熱海梅園でも紅葉の色づきが進んでいる。新型コロナウイルスの…
  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

    静岡県は11月21日、伊東市の高齢でない成人(県1118例目)が新型コロナウイルスに感染したと発表…
ページ上部へ戻る