平成最後の除夜の鐘 熱海と湯河原に「ゴーン」/熱海市泉・保善院

熱海市泉の曹洞宗の古刹「保善院」で大晦日の12月31日、除夜の鐘つきがあり、「ゴーン」という低い音が熱海と湯河原の両市町に響き渡った。南北朝時代から続く荘厳な鐘の音ー。
NHK「紅白歌合戦」直後の午後11時45分、鐘楼堂で西有善裕住職が健康や家内安全などを祈願して読経した後、最初の鐘の音を響かせた。続いて地元の住民らが1人ずつ交代で梵鐘をつき、百八の煩悩をはらいながら新年も良い年であるように願った。
鐘楼堂の入り口では、檀家が鐘つきの順番を待つ参拝客に無料で甘酒を振る舞い、大勢の人で賑わった。
本堂では、西有善裕住職と西有優貴副住職による「元旦の法要」が行われ、初詣参拝の人たちが参列。西有善裕住職は「きょうはこの1年を振り返り、新たな気持ちで新年を迎えてほしい」と話した。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■保善院(ほぜんいん) 熱海市泉にある曹洞宗の古刹。正式名は肥田山笹子寺保善院。泉地区を代表する寺で熱海市泉および湯河原町に末寺を7つ持つ。静岡県指定文化財の梵鐘(嘉吉3年=1443年)、熱海市指定の銅造延命地蔵菩薩像(南北朝時代の貞和5年=1349年)を所有する。






保善寺の檀家のみなさん



西有善裕住職(右)と西有優貴副住職。静岡県指定文化財の梵鐘(嘉吉3年=1443年)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-1-19

    あたみ桜が彩る糸川遊歩道に「ヤットサー」 湘南なぎさ連が阿波おどり

    「あたみ桜糸川桜まつり」開催中の糸川遊歩道で1月19日、南関東を代表する「湘南なぎさ連」(藤…
  2. 2019-1-18

    第二小4学年(学級数1)を学年閉鎖 児童5人がインフルエンザ感染

    熱海市は1月19日、第二小2学年(学級数1)でインフルエンザに感染したとみられる患者が多数発生し、学…
  3. 2019-1-18

    尾崎紅葉の功績に感謝、文豪の筆塚に玉串捧げる 昭和28年から続く伝統行事

    名作「金色夜叉」の作者として知られる明治の文豪尾崎紅葉を偲(しの)ぶ「尾崎紅葉筆塚祭」(筆塚…
  4. 2019-1-18

    しじみ汁振る舞い「金色夜叉」PR/仲見世通り商店街

    尾崎紅葉筆塚祭を盛り上げようと、熱海駅から筆塚への通り道となる「熱海仲見世振興会」(椎野文夫会長)は…
ページ上部へ戻る