新年迎え、平成最後の初詣客 未明から参拝者続々/熱海・来宮神社


2019年の幕が開けた1月1日、商売繁盛のご利益で知られる来宮神社(雨宮盛克宮司)には、未明から大勢の参拝客が詰めかけ、にぎわいが続いている。
午前9時からは元旦祭が齊行され、氏子代表、齋藤栄市長、藤曲敬宏県議、奥田交治熱海警察署長、今年度の責任当番町を務める咲見町役員、厄年奉賛会の会員たちが参列、新年への思いを新たにした。
参集殿の屋上や社務所には、1000本用意した「まゆ玉」をはじめ、破魔矢、絵馬、お守りなど約5万点の縁起物などの販売コーナーができ、大楠木の前にも長い列ができ、健康長寿、家内安全などを祈念した。
同神社では正月三が日で10万人の参拝者を見込んでいる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-26

    熱海市街5カ所の市営駐車場、5月29日夕から封鎖解除 県内の誘客促進

    政府が新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を全国で解除したのを受け、熱海市は5月26日…
  2. 2020-5-26

    緊急事態の全面解除で警戒 首都圏からの観光客が7〜8割の熱海市

    政府は5月25日、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が継続中だった北海道と首都圏の東…
  3. 2020-5-26

    熱海の病院職員のコロナ感染 濃厚接触者の外来患者、職員「全員陰性」

    静岡県は5月25日、前日公表した国際医療福祉大学熱海病院の男性職員(三島市)の新型コロナウイルス感…
  4. 2020-5-25

    来宮神社厄年奉賛会 6月1日授業再開の小中学生全員にマスク寄贈

    熱海市の来宮神社例大祭(7月14日-16日)で今年度、御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉…
ページ上部へ戻る