熱海梅園「梅まつり」が開幕 梅の甘い香り、熱海に春告げる

熱海梅園で1月5日、第75回「梅まつり」が始まり、ひと足早い春を求める観光客でにぎわった。オープニングセレモニーでは、中島幹雄熱海市観光協会会長、齋藤栄市長のあいさつの後、伊豆大島(東京都大島町)の橘田竹弘副町長と白井岩仁観光協会会長が壇上に立ち、両市町のシンボルである梅と椿を交換し、交流を深めた。熱海芸妓があでやかに踊りを披露、第30代梅の女王の増田玲未さんをはじめ、梅娘の小森眞綾さんと杉崎真琴さん、桜娘の坂口莉果子さんと山崎早也香さんが梅まつりを盛り上げた。

初日は中央広場で熱海囃子(ばやし)笛伶会(てきれいかい)の演奏やミス熱海5人の撮影会、甘酒の無料サービスがあり、熱海・大島交歓会で訪れたミス大島の山田芹香さんとミス椿の女王の星野礼奈さんが椿小鉢200人分を梅園入り口で配り、熱海梅園梅まつりと1月27日から始まる「椿まつり」(3月24日まで)をPRした。
梅まつり期間中の熱海梅園は、午前8時半~午後4時の入園が有料。一般300円(中学生以下無料)、市民と宿泊客は100円。3月3日まで。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■主催 熱海市観光協会0557-85-2222
■開花状況 1月4日時点で園内に植わる59品種472本の梅のうち、13種168本が開花し、一部で見頃に入った。園全体の見頃は1月下旬から2月中旬ごろの見込み。



梅と椿を交換




熱海芸妓があでやかに踊り



ミス熱海とミス大島、ミス椿の女王



熱海囃子笛伶会



熱海まち歩きガイドの会


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る