2019年度も積極予算編成 各部局要求額上回る200億円規模/熱海市


熱海市の2019年度予算編成へ向けた市長ヒアリングが1月8日、市役所で始まった。齊藤栄市長と森本要副市長が各部課から提出された予算要求を16日まで聞き取り、事業を取捨選択する。初日は市長が基本方針を示し、市民生活部、企画経営部が要求内容を説明した。
各部課から提出された来年度予算要求は部内ですでに絞り込んでおり、総額は198億円。これに復活査定を含め、最終的に200億円程度となる見込み。歳入見込み額との不足分は基金(貯金)を活用する。
過去最高の積極予算を組んだ2018年度の211億円には及ばないが、同2番目の大型予算となる。予算案の発表は、来月中旬の予定。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


■齋藤栄市長   過去最高規模だった2018年度まではいかないが、2019年度もかなり大型となる。理由は市民インフラの整備、昨年秋に掲げた熱海2030ビジョンを進める初年度の予算。中長期の目標ではあるが、できるところから一歩一歩進める。
最小の予算で最大の効果。市民からお預かりした税金を少しでも効果の高いものとするために、皆さんから意見を出してもらって予算編成をしたい。

■一般会計当初予算額と主な事業
2019年度=200億円    認定こども園の整備、南熱海支所・消防署出張所改築、初島漁港交流広場休憩施設整備、消防団第2分団詰め所改築、し尿処理の施設整備
2018年度=211億円 南熱海支所、消防署出張所改築、市営住宅改修
2017年度=185億円 学校施設等の大規模修繕
2016年度=183億円 熱海フォーラム、認定こども園
2015年度=176億円 3大プロジェクト終了で一休み
2014年度=183億円 岡本ホテル跡地購入、姫の沢エコプラント
2013年度=196億円 市庁舎建設など3大プロジェクトのピーク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る