熱海の無火災と無病息災願う 来宮神社で鎮火祭・どんどん焼き

熱海市の来宮神社で1月14日、今年1年の無火災を祈願する「鎮火祭」が開かれた。市消防団(櫻井佳久消防団長)、市消防本部(稲田達樹消防長)、川口健市議会議長、今年度の責任当番町・咲見町の岸秀明祭典委員長ら約40人が出席した。雨宮盛克宮司が人命や財産を奪う大火から市民を守る祝詞を奏上し、巫女(みこ)が速神楽を奉納。参列者が玉串を捧げ、熱海市の無火災を願った。
神事に続いて神社に納められた正月飾りやお札、門松などを燃やす「どんどん焼き」が行われ、参拝客らが焚き上げた火に竹の棒の先端につけられた紅白の団子をかざし、無病息災を祈った。どんどん焼きの火で焼いた団子を食べると風邪をひかないと言い伝えられている。
境内では、熱海囃子笛怜会が屋台、昇殿、鎌倉、馬鹿囃子、四丁目などのお囃子を演奏し、伝統行事を盛り上げた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)



関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-28

    熱海湾に水中から花火がにょっきり コロナ経済対策の小規模花火大会スタート

    熱海湾で11月27日夜、観光庁の魅力的な誘客コンテンツの補助事業採択を受けた小規模な花火大…
  2. 2020-11-27

    齋藤市長と竹部議長 温泉所在都市を代表して財政支援の要望書提出

    新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、温泉観光地の経済活動に深刻な影響が出ていることを受け、熱…
  3. 2020-11-27

    MOA美術館で「熱海座 第九コンサート」 大晦日に市民100人を無料紹介

    熱海市のMOA美術館は、12月31日に「熱海座 第九コンサート2020」を同美術館能楽堂で開く。ベ…
  4. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
ページ上部へ戻る