フォロー36万8千人 人気インスタグラマー招き、熱海の魅力発信

熱海市は1月20、21日の両日、市が推進する観光ブランド・プロモーション「意外と熱海」の一環として、全国的に人気の高いインスタグラマー3人を招き、情報発信してもらうツアーを開いた。写真共有アプリ「インスタグラム」(SNS)を活用して、若い女性ならではの視点から市内の観光施設や風景、グルメの魅力を発信してもらい、4月から始まる大型観光企画「静岡ディスティネーションキャンペーン(DC)」の誘客につなげるのが狙い。
参加したのは、フォロー36万8千人を持つ神戸市在住でインスタグラマーの風花さん(@fuka_09)と夫のしんいちさん(Shinichillout54)、風花さんの友人で都内在住のフォトグラファーsugarさん(@sugar25)の3人。
トップインフルエンサーの写真の数々はそれぞれのインスタグラムで見てもらうとして、参考になったのが撮影のノウハウ。3人とも高級ミラーレス一眼レフとスマホのiPhone Xの“二刀流”。インスタ映えする写真を撮り、フォロアーを万単位で増やすにはこのくらいの努力が必要なのだろう。


参考までに風花さんのカメラは「フジフイルムXーPro 2」、しんいちさんとsugarさんは「ソニーα7」。いずれもミラーレス一眼レフの名機。iPhoneもそのままで撮影しているのではなく、高性能の標準、ワイド、魚眼レンズ(tokyographer社)を使い分け、写真に収めていた。
ボーッと撮っていたんじゃ一流のインスタグラマー にはなれない。そう反省するとともに、皆さんも参考にしてください。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■撮影した場所
1月20日=熱海駅前商店街、熱海芸妓見番歌舞練場、糸川遊歩道のあたみ桜、まぐろや、熱海城、BAR、スナック
1月21日=常盤木羊羹店、ホテル貫一、てんぷら鶴吉、十国峠の富士山、熱海梅園、naedoco。


風花さん

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-27

    「変異種感染者の市町名公開を」齋藤栄市長、コロナ情報開示で県を批判

    熱海市の齋藤栄市長は1月26日、英国で流行している新型コロナウイルスの変異種への感染が静岡県内で4…
  2. 2021-1-27

    【お悔やみ】稲葉精司さん(熱海市紅葉ガ丘)1月25日死去

    稲葉精司さん(いなば・つかさ)1月25日死去、81歳。熱海市紅葉ガ丘町18の58。出棺28日午前1…
  3. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  4. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
ページ上部へ戻る