ライトアップで「夜の賑わい」推進、糸川遊歩道のあたみ桜色鮮やかに

熱海市の「市の木」あたみ桜が見ごろを迎え、ライトアップされた糸川遊歩道が飲食店の夜の賑わを推進している。糸川沿いには河口から約300メートルの区間で両岸に58本のあたみ桜が植えられ、ピンク色の花が照明で色鮮やかに浮かび上がって見える。1月25日、糸川の上流部分は満開となり、中、下流も8分咲き。今週末には一番の見ごろに入る。
ライトアップは御成橋-渚橋間。時間は午後5時から11時。同遊歩道では2月11日まであたみ桜糸川桜まつりを開催している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■今週のあたみ桜糸川桜まつり
1月26日(土)パーカッションとピアノの演奏(11:00〜、13:00〜)
1月27日(日)大道芸「猿回し」(10:00〜、13:30〜)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-26

    コロナ対策の「緩み」を警戒 熱海飲食3団体、カラオケ感染防止を強化

    11月に入り、全国でカラオケや接待を伴う飲食店で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が多発…
  2. 2020-11-26

    死んだ父親の特別定額給付金10万円を不正搾取 熱海市が被害届

    熱海署は11月25日、死亡した父親の特別給付金を不正受給したとして詐欺の疑いで住所不定の兄(49)…
  3. 2020-11-25

    3密避け、南熱海マリンホールで食中毒講習会 多賀、網代の飲食業者に注意喚起

    熱海食品衛生協会(森田金清会長)は11月25日、熱海市下多賀の南熱海マリンホール で「食中…
  4. 2020-11-25

    南あたみ第一病院「夏樹・平木文庫」開設 熱海ゆかりの作家・夏樹静子さん作品

    創立45周年を迎える南あたみ第一病院(熱海市下多賀)は11月28日、記念事業として「ミステリーの女…
ページ上部へ戻る