ライトアップで「夜の賑わい」推進、糸川遊歩道のあたみ桜色鮮やかに

熱海市の「市の木」あたみ桜が見ごろを迎え、ライトアップされた糸川遊歩道が飲食店の夜の賑わを推進している。糸川沿いには河口から約300メートルの区間で両岸に58本のあたみ桜が植えられ、ピンク色の花が照明で色鮮やかに浮かび上がって見える。1月25日、糸川の上流部分は満開となり、中、下流も8分咲き。今週末には一番の見ごろに入る。
ライトアップは御成橋-渚橋間。時間は午後5時から11時。同遊歩道では2月11日まであたみ桜糸川桜まつりを開催している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■今週のあたみ桜糸川桜まつり
1月26日(土)パーカッションとピアノの演奏(11:00〜、13:00〜)
1月27日(日)大道芸「猿回し」(10:00〜、13:30〜)





関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-19

    アイドル梅「思いのまま」、乱雪など遅咲き梅が主役に 熱海梅園

    梅まつり開催中の熱海梅園では、思いのまま、乱雪、白獅子、東錦、緑顎(りょくがく)枝垂れなどの遅咲き…
  2. 2020-2-19

    川勝知事、新型コロナウイルスを警戒 24時間体制で電話相談窓口

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、川勝平太静岡知事は2月18日、急きょ会見を開き、新型コロナウイ…
  3. 2020-2-19

    【お悔やみ】三谷つるさん(熱海市青葉町)2月16日死去

    三谷つるさん(みたに・つる)2月16日死去、89歳。熱海市青葉町。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
  4. 2020-2-18

    大寒桜、大島桜、寒緋桜…あたみ桜に代わってが一斉に見頃

    東海地方で2月16日夜、春一番が吹いた影響で17日は暖かい南寄りの風で4月上旬の暖かさとな…
ページ上部へ戻る