2月4日、熱海成田山で立春招福祭 お焚き上げと豆まき

仲田のお不動さんで知られる熱海市水口町の熱海成田山で2月4日、大護摩供(おおごまく)があり、成田山川越別院主監の石井照典熱海成田山住職が、護摩壇に木で組んだ炉から高々と上がる炎の中に、1年間に納められたお札を投げ込み、本尊の不動明王に家内安全や商売繁盛を祈る。
大護摩供養後、午後3時から立春招福祭を開催。境内前で地元住人らに当たりくじ付きのお餅や豆をまく。熱海成田山では「2月3日の節分で厄を払った後、2月4日に福を招く」との考えから、毎年この日に豆まきを実施している。
(熱海ネット新聞)
写真=昨年の大護摩供養、立春招福祭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-11-23

    紅葉色づく庭園 秋の一般公開始まる 熱海・植物研究園、29日まで

  2. 2020-11-22

    地平線に沈む夕陽に歓声、「トワイライト運行」 熱海・十国峠ケーブルカー

  3. 2020-11-22

    「我慢の3連休」 紅葉色づく熱海梅園、第3波よそに観光客続々

  4. 2020-11-21

    前日発表の熱海市の陽性患者と一緒に勤務と食事、伊東市でコロナ感染者

ページ上部へ戻る