2月4日、熱海成田山で立春招福祭 お焚き上げと豆まき

仲田のお不動さんで知られる熱海市水口町の熱海成田山で2月4日、大護摩供(おおごまく)があり、成田山川越別院主監の石井照典熱海成田山住職が、護摩壇に木で組んだ炉から高々と上がる炎の中に、1年間に納められたお札を投げ込み、本尊の不動明王に家内安全や商売繁盛を祈る。
大護摩供養後、午後3時から立春招福祭を開催。境内前で地元住人らに当たりくじ付きのお餅や豆をまく。熱海成田山では「2月3日の節分で厄を払った後、2月4日に福を招く」との考えから、毎年この日に豆まきを実施している。
(熱海ネット新聞)
写真=昨年の大護摩供養、立春招福祭

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-2

    夏開業予定の「熱海プリンスホテル」、秋以降に延期 新型コロナ影響で

  2. 2020-6-2

    熱海市独自の経済支援策第2弾 市民と別荘所有者向けに「特別宿泊プラン」

  3. 2020-6-1

    コロナで閉鎖の市営駐車場が再開 熱海サンビーチ、自家用車で行楽客続々 

  4. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

ページ上部へ戻る