ウィーン少年合唱団、熱海公演の全20曲目決定 「 美しく青きドナウ 」など

熱海市桃山町の救世会館で5月10日(午後2時開始)に開催される「ウィーン少年合唱団熱海公演」(実行委員会主催)の全20曲目が決定した。
日本とオーストリアの友好150年を祝う特別な年を記念し、山本正美(美智子皇后陛下御作詞)「ねむの木の子守歌」や滝 廉太郎「荒城の月」、岡野貞一「ふるさと」など日本の名曲を「美しく青きドナウ 」などのウィーンの名曲とともにブルックナー組が披露する。
チケット(大人5千円)は、熱海市内では井上紙店(清水町)とゲストハウス・マルヤ(銀座町)で好評発売中。問い合わせは熱海公演実行委員会事務局(0557ー52ー4600)石渡へ。
(熱海ネット新聞)

【熱海公演プログラム】
◼︎第1部 Part 1
オルフ: 『カルミナ・ブラーナ』より「おお、運命の女神よ」
ヴィアダーナ: 正しき者よ主によって喜べ
メンデルスゾーン: 羊飼いはよみがえられた
ハイドン: オラトリオ『天地創造』より「天は神の栄光を語り」
ブラームス: 『3つの宗教合唱曲』より「喜ばしき天の女王」
ブラームス: 詩篇13番
ラウル・ゲーリンガー: 死と愛
バンキエーリ: 3声のためのカプリース、動物たちの対位法
◼︎第2部 Part 2
ピアソラ: リベルタンゴ
カプッロ: オー・ソレ・ミオ
ロジャーズ: 映画『サウンド・オブ・ミュージック』より「エーデルワイス」
滝廉太郎: 荒城の月
山本正美(皇后陛下御作詞): ねむの木の子守歌
岡野貞一: ふるさと
ヴィルト: Peace within(内なる平和)
オーストリア民謡: 納屋の大戸
ヴンシュ: 今日、天使たちがウィーンにやってくる
ヨーゼフ・シュトラウス: 水兵のポルカ
J.シュトラウスII: 雷鳴と稲妻
J.シュトラウスII: 美しく青きドナウ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-6-5

    自民県議連、起雲閣で熱海・伊東の経済団体と意見交換 県への要望聴取

    静岡県議会の最大会派「自民党改革会議」の観光産業振興議員連盟(宮沢正美会長)は6月4日、熱…
  2. 2020-6-4

    コロナ対策優先、熱海フォーラム事業凍結 齋藤栄市長が議会で表明 

    熱海市の齋藤栄市長は6月4日、市議会6月定例会で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応するため、…
  3. 2020-6-3

    【動画】イベント自粛中の熱海梅園でゲンジボタル、ひっそりと幻想的な光のショー 

    例年なら6月上旬は初夏の風物詩「熱海梅園初川清流ほたる鑑賞の夕べ」の真っ只中。多くの観光客や市民が…
  4. 2020-6-3

    特別定額給付金10万円 郵送申請分の振込み開始、初日は495世帯 熱海市

    国が国民1人当たり現金10万円を配る「特別定額給付金」の郵送申請者への給付が6月2日、熱海市でも始…
ページ上部へ戻る