「春節」の大型休暇であたみ桜見物 中国人観光客、糸川遊歩道に続々


中国の旧正月にあたる春節の大型休暇(2月4日~2月10日)が始まり、熱海市にも日本一早い梅と桜を楽しもうという中国人観光客が増えている。2月6日、JR熱海駅から市街へ向かうバスは大きなトランクを持った外国人客で混雑。中国語の会話が飛び交った。
あたみ桜が満開を迎えている糸川遊歩道には、夕刻になっても中国人観光客が次々に訪れ、ライトアップされた夜桜をスマホに収め、SNSで家族や友人たちに発信していた。
中国のオンライン旅行大手「シートリップ」によると、春節前後に海外へ出かける中国人旅行客数は前年より約50万人多い延べ700万人。人気渡航先ランキングで日本は首位のタイに続く2位で、日本政府が1月からビザの発給要件を緩和したこともプラスに働いているという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-26

    熱海市、中小事業者に2度目の給付金10万円 1月か12月の売上半減が条件

    熱海市は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言などの影響で売り上げが大幅に減少した中小事…
  2. 2021-1-25

    熱海市で高齢でない成人がコロナ感染 感染経路は県内陽性者との接触/1月25日

    静岡県は1月25日、熱海市に住む高齢でない成人(熱海市87例目、県4256例目)の新型コロナウイル…
  3. 2021-1-24

    熱海富士、序ノ口で優勝 千秋楽の優勝決定戦で連勝 将来の横綱に第一歩

    大相撲初場所は1月24日、東京・両国国技館で千秋楽の取組が行われ、ともえ戦で行われた序ノ口の優勝決…
  4. 2021-1-23

    梅咲けど、熱海梅園の来園者83%減 コロナの影響深刻 市内経済に打撃

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の影響で熱海梅園で開催中の「梅まつり」の来園者…
ページ上部へ戻る