「春節」の大型休暇であたみ桜見物 中国人観光客、糸川遊歩道に続々


中国の旧正月にあたる春節の大型休暇(2月4日~2月10日)が始まり、熱海市にも日本一早い梅と桜を楽しもうという中国人観光客が増えている。2月6日、JR熱海駅から市街へ向かうバスは大きなトランクを持った外国人客で混雑。中国語の会話が飛び交った。
あたみ桜が満開を迎えている糸川遊歩道には、夕刻になっても中国人観光客が次々に訪れ、ライトアップされた夜桜をスマホに収め、SNSで家族や友人たちに発信していた。
中国のオンライン旅行大手「シートリップ」によると、春節前後に海外へ出かける中国人旅行客数は前年より約50万人多い延べ700万人。人気渡航先ランキングで日本は首位のタイに続く2位で、日本政府が1月からビザの発給要件を緩和したこともプラスに働いているという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-7-3

    令和樹神會、熱海中学校を訪問「モォー」塩見校長も豪快に「麦こがし」 

    来宮神社の例大祭で本年度御鳳輦(ごほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會」(れいわこだまかい)…
  2. 2020-7-3

    来宮神社「令和樹神會」の天狗慰問始まる 桃山小学校で「御鳳輦」伝統伝える

    来宮神社の例大祭(14~16日)で本年度御鳳輦(ほうれん)奉仕を行う厄年奉賛会「令和樹神會…
  3. 2020-7-3

    熱海市和田浜南町に新ホテル建設 地上9階建て31室 ニュータカハシ跡地

    熱海市和田浜南町に新ホテルが建設されることが分かった。場所は国道135号沿いのホテル「ニュータカハ…
  4. 2020-7-2

    熱海南ロータリークラブ、新会長に岸秀明さん 創立60周年事業を推進

    熱海南ロータリークラブは7月2日、熱海後楽園ホテルで今年度の初例会を開き、新会長に就任した岸秀明氏…
ページ上部へ戻る