「紅白梅図屏風」を体感 尾形光琳ゆかりの瑞雲郷梅園で「清香亭」開亭


熱海市のMOA美術館の敷地内にある瑞雲郷梅園で茶屋「清香亭」が開亭した。春を告げるメジロが飛び交う園内には白加賀、青軸、八重寒紅、枝垂れ梅、思いのままなど約40品種、290本ほどが植えられ、爽やかな香りが漂っている。開亭期間中は梅の花々やあたみ桜を愛でながら、お抹茶が楽しめ、熱海の隠れた人気スポットとして評判を呼んでいる。入園は無料。
瑞雲郷梅園は、同美術館の創設者で世界救世教教祖の岡田茂吉氏(明治15-昭和30年)が、昭和28年に国宝「紅白梅図屏風」(尾崎光琳作)を入手した際、同屏風の構図を参考にデザインされた。「清香亭」から清楚な紅白の梅の花々を観賞すると尾形光琳ワールドが体感できる。同美術館では3月12日までリニューアル3周年記念名品展 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展と所蔵名品展を開催している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■清香亭 お抹茶席は一服500円、木曜と雨天休亭。3月1日(正午~午後2時)まで開亭。
■アクセス 熱海駅バス乗り場よりMOA美術館下車。桜山を降り徒歩3分。
■問い合わせ 0557-84-2111(MOA美術館)











関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新イベント情報

渡辺耳鼻咽喉科
万葉の湯・万葉倶楽部
熱海温泉 ホテル・サンミ倶楽部
ニューウェルシティ湯河原
熱海温泉 昭和倶楽部
伊豆長岡温泉 ニュー八景園
箱根湯本温泉 天成園

ピックアップ記事

  1. 2019-11-20

    改装3周年記念「仁清 金と銀」展、20日間で入場2万人達成 MOA美術館

    熱海市のMOA美術館で開催中のリニューアル3周年記念特別展「仁清 金と銀」が11月20日午…
  2. 2019-11-20

    【お悔やみ】根岸みや子さん(熱海市中央町)11月17日死去

    根岸みや子さん(ねぎし・みやこ)11月17日死去、99歳。熱海市中央町。元熱海芸妓。通夜21日午後…
  3. 2019-11-19

    熱海で暴れるゴジラ、ウルトラマンを見よう 11月22日〜熱海怪獣映画祭

    IMG_0154ダウンロード 怪獣が熱海を舞台に大暴れするゴジラや大活躍のウルトラマンなどの…
  4. 2019-11-18

    地平線に沈む夕陽を観賞 十国峠ケーブルカー、冬季限定のトワイライト運行

    熱海市と函南町に位置する十国峠ケーブルカー(伊豆箱根鉄道)は11月23日から営業時間を延長して「ト…
ページ上部へ戻る