「紅白梅図屏風」を体感 尾形光琳ゆかりの瑞雲郷梅園で「清香亭」開亭


熱海市のMOA美術館の敷地内にある瑞雲郷梅園で茶屋「清香亭」が開亭した。春を告げるメジロが飛び交う園内には白加賀、青軸、八重寒紅、枝垂れ梅、思いのままなど約40品種、290本ほどが植えられ、爽やかな香りが漂っている。開亭期間中は梅の花々やあたみ桜を愛でながら、お抹茶が楽しめ、熱海の隠れた人気スポットとして評判を呼んでいる。入園は無料。
瑞雲郷梅園は、同美術館の創設者で世界救世教教祖の岡田茂吉氏(明治15-昭和30年)が、昭和28年に国宝「紅白梅図屏風」(尾崎光琳作)を入手した際、同屏風の構図を参考にデザインされた。「清香亭」から清楚な紅白の梅の花々を観賞すると尾形光琳ワールドが体感できる。同美術館では3月12日までリニューアル3周年記念名品展 「紅白梅図屏風(びょうぶ)」展と所蔵名品展を開催している。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■清香亭 お抹茶席は一服500円、木曜と雨天休亭。3月1日(正午~午後2時)まで開亭。
■アクセス 熱海駅バス乗り場よりMOA美術館下車。桜山を降り徒歩3分。
■問い合わせ 0557-84-2111(MOA美術館)











関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-10-22

    国の登録文化財 熱海市の旧井上馨公爵熱海邸 一般公開 文明開花のたたずまい

    熱海市教育委員会は10月22日、湯河原温泉の市の一角にある国登録有形文化財「旧井上侯爵家熱海別邸」…
  2. 2020-10-22

    熱海の80代女性がマダニ感染症 静岡県で今年8例目、このうち5例が熱海市

    静岡県は10月21日、熱海市の80代の女性がマダニの媒介によるとみられる「日本紅斑熱」を発症したと…
  3. 2020-10-22

    【お悔やみ】土屋八郎さん(熱海市網代)10月20日死去

    土屋八郎さん(つちや・はちろう)10月20日死去、87歳。熱海市網代。通夜22日午後6時。葬儀23…
  4. 2020-10-21

    「神輿台車」を奉納 今宮神社厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会

    今宮神社の例大祭で今年度の御鳳輦奉仕を務めた厄年奉賛会「今宮新輪朋穣会(しんわほうじょうかい)」(…
ページ上部へ戻る