小森高正氏が市政報告会 渡辺、榛葉衆参議員、齋藤市長が応援に

任期満了に伴う熱海市議選(4月14日告示、21日投開票)に無所属で出馬を予定している小森高正氏(53)の後援会(鈴木明浩会長)は3月3日、熱海市下多賀の中野公民館で市政報告会を開き、市議選に向けて始動した。
報告会は、鈴木吉郎後援会顧問のあいさつで始まり、渡辺周衆院議員、榛葉賀津也参院議員、齋藤栄市長がそれぞれゲストとして講話し、小森氏が市政報告を行った。

小森氏は、4期目の最大政策に「中野から小山に抜ける中部横断道路の建設」を揚げ、「これは南熱海の重要課題で命をつなぐ道。この区間は津波浸水地域の国道135号一本しかなく、迂回路がない。伊東市までの計画があるが、せめて網代地区までつなげたい」と熱く語り、「市がやるのか、県がやるのか。どっちがやるにせよ、これが完成するまで議員はやめられない」。渡辺周衆院議員が「県政は川勝平太静岡県知事を支持してきた与党であり、齊藤市長もいる。県知事とも連携してしっかりやっていきたい」と応じた。
鈴木明浩後援会長は「4期目を任せていただくとなれば、地元のことは当然、熱海広域の負託に応える必要がある。これまで以上にお力添えをいただきたい」と支援の拡大を訴えた。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■小森高正後援会 熱海市下多賀773 電話090ー8139ー1413
■事務所開き式 3月24日午前10時


■渡辺周衆院議員「財政再建を果たし、台風被害もあっても300万人を越える宿泊者で賑わう熱海を作ったのは齊藤市長。その市長を支えたのが小森さん。小森さんを失うのは熱海の損失。上り調子がおかしくなってしまう」


■榛葉賀津也参院議員「一時期は交通の便がいいのに、寂れた温泉ワースト3に入った。その熱海を齋藤栄市長を中心に議会、職員、市民が一生懸命頑張ってV時回復させた。市長が本当に信頼するのが、数少ない市長与党の小森さん。泡沫候補がなく、厳しい選挙選となるが、4回目も頑張っていただきたい」


■齋藤栄市長「私が市長に就任した2006年9月の半年後に、議会構成が大きく変わった。その時初当選したのが小森さんで、常に私の側に立って市政を支えていただいている。二元代表制にあっては、行政とともに議会の力が不可欠。みなさんと一緒に応援していきたい」


鈴木吉郎後援会顧問


鈴木明浩後援会長

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-28

    特別定額給付金10万円 熱海市、第1回目の振込実施 オンライン申請者へ

    新型コロナウイルスに伴う緊急経済対策として国が国民1人当たり10万円を配る特別定額給付金について …
  2. 2020-5-28

    熱海梅園でゲンジボタルの「夜間飛行」始まる いくつもの幻想的な光跡

    「ホタルの名所」熱海梅園で5月27日夜、ホタルたちが飛び交い始めた。園内を流れる初川支流の通称「ほ…
  3. 2020-5-27

    コロナ時代の「新しい生活様式」、カウンター席に「仕切り」 あたみ田中家

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が全面解除され、首都圏からの観光客が約8…
  4. 2020-5-27

    熱海市 6月1日から文化、公園、観光施設を再開 起雲閣、海釣り施設など

    熱海市は5月27日、新型コロナウイルス対策で臨時休館していた文化施設と公園施設、観光施設の一部を6…
ページ上部へ戻る