熱海市に2億3590万円遺贈 直木賞作家で名誉市民の杉本苑子さん

2017年5月に91歳で亡くなった直木賞作家で熱海市名誉市民の杉本苑子さんが市に遺贈(遺言による寄付)する金額が約2億3590万円あることが分かった。預金が約1億3000万円で、残りは所有していた貴金属や有価証券を現金化したもので、今月中に市に納められるという。自宅建物や土地などは含まれていない。3月6日付の読売新聞が報じた。

生涯独身を貫いた杉本さんは、1977年に熱海市に別荘を構え、80年から熱海市民に。95年に文学館の設立を願い、著作権、住居などの全資産を熱海市に遺贈する契約を締結していた。市は杉本さんの遺志に沿って、市内西熱海町の杉本さんの自宅を改修して建設する「熱海文学館」の費用に充てる。同日、齋藤栄市長は熱海ネット新聞の取材に「有識者や専門家などで設立準備委員会を立ち上げ、運営方法も含めてどのような文学館にするかを決める」と話し、新年度予算に370万円を計上し、2年程度で基本構想をまとめ、数年後の開設を目指すという。
(熱海ネット新聞・松本洋二)


■杉本苑子(すぎもと・そのこ)1925年、東京生まれ。文化学院卒。歴史小説家。1951年に「申楽(さるがく)新記」が「サンデー毎日」の懸賞に入選したのを機に吉川英治氏に師事して文学修業。63年、江戸時代の薩摩藩士による宝暦治水を描いた「孤愁の岸」で第48回直木賞。NHK大河ドラマ「春の波涛」は「マダム貞奴」「宴府回廊」が原作。87年に紫綬褒章。2002年に文化勲章と菊池寛賞。澤田政廣についで2人目の熱海市名誉市民。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2019-3-24

    伊豆多賀の春の風物詩、朝採り生ワカメ販売 今年は1カ月遅れで開催/わかめまつり

    熱海に春の訪れを告げる「わかめまつり」(実行委員会主催)が3月23日、長浜海浜公園・うみみえ…
  2. 2019-3-23

    テーマはグリーン、あす「海辺のあたみマルシェ」/熱海銀座通り商店街

    今年最初の「海辺のあたみマルシェ」(実行委員会主催)が3月24日、熱海銀座通り商店街を歩行者天国にし…
  3. 2019-3-23

    共産党の新人は小坂幸枝氏、東海岸町の女性は出馬せず/熱海市議選

    健康上の理由で今期で引退する共産党・井沢共一市議(67)に代わって、元小学校教諭の小坂幸枝氏(72)…
  4. 2019-3-22

    芸妓見番前の「枝垂れ桜」も満開 芸妓衆往き交う熱海の名所

    初川を挟んで熱海芸妓見番歌舞練場の対岸に植えられた2本の枝垂れ桜が3月22日、満開を迎え、観光客の目…
ページ上部へ戻る