総入園者18万3805人、前年比で5・4%減少/梅まつり

熱海市は今年の「梅まつり」(1月5日~3月3日)の総入園者が18万3805人だったと発表した。2月29日までは前年を上回るペースで推移していたが、3月に入り天候不順が続き、前年を5・4%(1万504人)下回った。このうち、宿泊者は8万9089人で前年比で4・1%(3813人)減。総入園料(58日間)は約3473万円で前年より5・7%(208万円)減少した。
最も来園者が多かったのは2月10日=写真=の7940人。園全体の開花のピークは2月12日だった。

「梅まつり」が閉幕した熱海梅園は、全体としては見頃過ぎ入ったが、乱雪・白獅子・桃園・緑萼枝垂れなどが見ごろを迎え、呉服枝垂れ・紅千鳥・思いのまま・武蔵野もまだ楽しめる。毎年、大トリを務める「開運」も今週末には開花する。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

現在の熱海梅園の様子↓

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-9-21

    4連休、若い世代の観光客どっと 熱海市、コロナ禍以前のにぎわい戻る

    4連休さなかの9月21日、熱海市内には首都圏などから若い世代の大勢の観光客が訪れ、コロナ禍…
  2. 2020-9-21

    40代の兄弟逮捕 熱海市和田町の住宅に死体遺棄容疑

    熱海市和田町の住宅に身元不明の男性の遺体を遺棄したとして、熱海署は9月20日、三島市の40代の兄弟…
  3. 2020-9-20

    満天の星空の下で映画鑑賞会 姫の沢公園・スポーツ広場で初開催 

    星空の下で映画を楽しむ野外上映会が9月19日夜、熱海市の姫の沢公園・スポーツ広場で開かれ、…
  4. 2020-9-20

    【お悔やみ】工藤尚志さん(熱海市網代)9月18日死去

    工藤尚志さん(くどう・なおし)9月18日死去、92歳。熱海市網代。通夜20日午後6時。葬儀21日午…
ページ上部へ戻る