オーラスで幸運の梅「開運」開花 472本の梅の木、すべて出そろう


気温19度、4月中旬並みの暖かさとなった3月11日、熱海梅園でもっとも遅く咲く「開運」がピンクの花を咲かせた。これで園内の59品種472本の梅の木がすべて出そろった。全国には名前にちなんでこの花を使い、「開運うめまもり」を販売する神社もある。近年、熱海梅園でもこの梅の写真をお土産に持ち帰ったり、SNSで発信したりするのがブームになっている。遠方で来園できない方は、本紙の写真をお役立てください。
園内では遅咲きの乱雪・白獅子の真っ白の花が満開。春の陽光を浴びて一層輝き、本格的な春の訪れを感させてくれる。
(熱海ネット新聞・松本洋二)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2021-1-18

    人気ユーチューバー佐藤ひとみさん、熱海市に30万円寄付 愛のサークルリンク

    コロナ禍などによる生活困窮者の食糧支援に取り組む一般財団法人愛のサークルリンク(佐藤ひとみ代表)は…
  2. 2021-1-18

    熱海市で高齢者男性1人がコロナ感染 感染経路は県外陽性者との濃厚接触

    静岡県は1月18日、熱海市に住む高齢の男性(熱海市83例目、県3876例目)の新型コロナウイルス感…
  3. 2021-1-18

    来宮神社、コロナ感染拡大で節分豆まき中止 神事と福引抽選会のみ実施

    熱海市の来宮神社は、2月2日に予定していた「節分祭・豆まき」の中止を決めた。例年、節分の日に合わせ…
  4. 2021-1-18

    和田木など南熱海4地区で「どんどん焼き」 燃える炎にコロナ終息祈る

    新春の風物詩「どんどん焼き」が1月17日午前、南熱海の4地区で開催された。もっとも歴史のあ…
ページ上部へ戻る