熱海市の商業地の公示地価 変動率で県内トップ ホテル建設ラッシュが牽引

国土交通省は3月19日、1月1日現在の公示地価を発表した。静岡県内32市町672調査地点の平均変動率は商業地の用途で前年比0・0%(前年0・2%減)だった。V時回復し、多くの観光客でにぎわう熱海市は複数のホテル計画などが続き、前年の0・2%減から1・4%上昇に転じ、市町別対前年変動率順位で県内1位になった。
市内商業地の公示地価トップは銀座町357番5=写真=で1平方メートル当たり14万5000円(2・8%増)。住宅地では春日町83番26の9万4400円(1・5%増)だった。
(熱海ネット新聞)
■公示価格 国土交通省の土地鑑定委員会が毎年公示する標準地の価格。都市計画区域内で標準的な土地を選定し、毎年1月1日時点の1平方メートル当たりの正常な価格を判定し、3月に公示。土地の更地(建物がない状態)評価の価格。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-2-25

    熱海温泉のホテル旅館が「感謝デー」クイズ大会に多勢の観梅客

    梅まつり開催中の熱海梅園で2月24日、熱海温泉ホテル旅館協同組合(島田善一理事長)が「感謝デー」を…
  2. 2020-2-25

    【お悔やみ】十文字ひとみさん(熱海市梅園町)2月21日死去

    十文字ひとみさん(じゅうもんじ・ひとみ)2月21日死去、49歳。熱海市梅園町。通夜25日午後6時。…
  3. 2020-2-24

    丹那神社例祭、神事だけに規模縮小 “新型コロナ”で付帯行事中止

    熱海市の丹那神社奉賛会(田島秀雄会長)は4月5日に福道町の同神社で斎行する例祭を規模を縮小して斎行…
  4. 2020-2-24

    富士山の日 天皇即位で今年から祝日 十国峠で「早春ウォーク」

    天皇誕生日と重なり祝日となった「富士山の日」の2月23日、熱海市と函南町にまたがる十国峠で富士山に…
ページ上部へ戻る