全世代型社会福祉の拡充に総力 公明・米山秀夫後援会が事務所開き

熱海市議選(4月14日告示、21日投開票)に出馬を予定している現職・米山秀夫氏(61)の後援会(生沼清会長)は3月24日、市内桜町で事務所開きを行った。
最初に佐藤智一後援会事務長が「定数15に18人が出馬し、泡沫候補はいない。前回の市議選は投票率が56%で15番目が744票だったが、今回は70%近くまで上がり、当選ラインも上がる。厳しい戦いとなるが、一致団結して勝利を勝ち取ろう」と支援のさらなる拡大を訴えた。
続いて来賓の山田良則錦町町内会長と坂本和雄紅葉ヶ丘町内会副会長が米山氏を激励した。

前回トップ当選の米山氏は6期目の取り組みに①地域の安全と防災減災②子育てしやすいまちづくり③高齢者が生きがいを持って暮らせるまちづくりー3つのテーマを掲げ、「親の所得の格差が教育の格差につながってはいけない、というのが公明党の理念。子育て世代から働き盛り、高齢者まで全世代型社会保障の拡充に取り組む」と支援者に訴え、「小さな声を聴く力を胸に強力な皆さまのご支援に報いるため、全力で戦い抜く」と決意を述べた。
最後に出席者全員で勝ちどきを上げ、勝利を誓い合った。
(熱海ネット新聞・松本洋二)
■後援会事務所 熱海市桜町18ー9


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 2020-5-31

    熱海市の一斉清掃始まる 先陣切って西山町内会、三密避け各組が分散開催

    熱海市では毎年6月の第1日曜日を中心に、梅雨時期の衛生向上と夏の観光シーズンに備えて各町内…
  2. 2020-5-30

    姫の沢公園の駐車場 県内客念頭に再開 アスレチック広場に多くの家族連れ

    新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が全面解除されて最初の週末を迎えた5月30日、…
  3. 2020-5-30

    経済損出額191億円 3〜5月の熱海宿泊客数、前年比3分の1以下

    熱海市は5月29日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、3月から5月の宿泊客数が去年の同じ時期の3…
  4. 2020-5-29

    「青紫」の花びら、熱海に初夏告げる 「ジャカランダ」続々開花 

    熱海市に初夏を告げる世界三大花木の一つ「ジャカランダ」が、熱海サンビーチと国道135号線に挟まれた…
ページ上部へ戻る